富士通と千葉市教委、市内176校向けに大規模シンクライアントシステムを共同構築 | RBB TODAY

富士通と千葉市教委、市内176校向けに大規模シンクライアントシステムを共同構築

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Cabinet統合システム全体構築図
  • Cabinet統合システム全体構築図
  • 「千葉市教育センター」サイト
 千葉市教育委員会 教育センターと富士通は26日、市内小中特別支援学校176校の全教職員用と生徒学習用に、8,000台のパソコンを新たに導入し、政令都市として初となる大規模シンクライアントシステム「Cabinet(キャビネット)統合システム」を共同構築したことを発表した。

 「Cabinet」は、教育センターと千葉市内の小中特別支援学校、養護教育センターを結ぶ学習用ネットワーク。千葉市では、1999年より千葉市教育情報ネットワーク「Cabinet」整備事業を実施しており、市内176校の小中特別支援学校において校内LANの整備・充実による情報教育の高度化や校務作業のICT化による業務の効率化を推進sてきた。今回、シンクライアントシステム「Cabinet統合システム」を構築した。

 「Cabinet統合システム」は、教科指導用および校務用のシンクライアントパソコンとして富士通「FMV-TC8390」約3,000台を導入し、仮想デスクトップ環境で運用、パソコン本体にはデータを保存せず学校の学習用サーバおよび集中管理するシステムに保存する。一方、PC教室には、ネットブート型シンクライアント端末であるパソコン「ESPRIMO D550/B」約5,000台を導入し、児童生徒の個別学習にも対応したICT環境を提供する。

 これにより、教員が自宅作業をする際、児童生徒の住所・氏名や成績などの個人情報をUSBメモリなどで持ち帰ることなく、自宅にあるパソコンから集中管理するシステムにVPNを活用してアクセスし、学校にあるパソコンとまったく同じ画面(個人プロファイル維持)で作業ができるなど、セキュリティを強化した上で利便性の向上を実現した。また授業時間には、教科学習で使用する端末を、カードの認証技術などにより職員室において教職員が校務に活用できる仕組みとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top