富士通、個人向けクラウド「My Cloud」を本格スタート……自宅PC・家電・スマホを連動 | RBB TODAY

富士通、個人向けクラウド「My Cloud」を本格スタート……自宅PC・家電・スマホを連動

ブロードバンド その他

写真をイベントごとに自動で整理できる「Photo」
  • 写真をイベントごとに自動で整理できる「Photo」
  • 家中どこでも録画したTV番組を楽しめる「TV・AV」サービス
  • 「My Cloud」搭載パソコンが、HEMSコントローラーとして家電を管理
  • 「My Cloudモバイルアクセス」のイメージ
  • 「My Cloud ライブラリー」の料金プラン
  • 発表会での展示の模様
  • 「My Cloudスタート」からサービスの呼び出しが可能
  • ECHONET Lite対応の家電機器をコントロールできるパソコンは世界で初
 富士通は19日、同日発表の個人向けパソコン「FMV」とタブレット「ARROWS Tab Wi-Fi」とあわせて、個人向けクラウドサービス「My Cloud(マイクラウド)」の本格展開を開始することを発表した。

 「My Cloud」は、富士通が2012年5月にパソコンの新コンセプトとして発表したクラウドサービス。通常のクラウドに加え、自宅のパソコンを大容量のオンラインストレージとして利用できるハイブリットなクラウドサービスとなっている。

 主なサービスとして、パソコンに取り込んだ写真を、日付や人物、イベントごとに自動整理する「Photo」サービス、自宅のレコーダーやテレビパソコンなどに録画してある録画番組を一元管理し、パソコン、テレビ、スマートフォン、タブレットなどのさまざまな機器で楽しむことができる「TV・AV」サービス、HEMS(Home Energy Management System)コントローラーとして、外出先からスマートフォンで家電の運転をコントロールできる「ECO」サービス、パソコンの状態を管理し最適な情報やサポートサービスを紹介する「Best Life Support」の4サービスを提供する。なお、「ECO」は、ECHONET Liteに対応しており、ECHONET Lite対応の家電機器をコントロールできるパソコンは世界初とのこと。

 また、無料で5GBまで使えるオンラインストレージサービス「My Cloud ライブラリー」、外出先からスマートフォンで家のパソコンにアクセスできる「My Cloud モバイルアクセス」も提供する。

 さらに「My Cloud」機能を搭載したパソコンやタブレットがあれば、パーソナルラジオ「AUPEO!(オウぺオ)」が無料で利用可能となる。「AUPEO!」は、1,250を超える音楽のステーションやアーティストの中から、自分の好みにあった曲を流してくれる音楽ストリーミングサービス。曲に対して好き・嫌いを評価し続けることで、より自分の好みに近づけることができる。「AUPEO!」は、Windows 8版としては「FMV」「ARROWS Tab Wi-Fi」が初の提供だ。

 富士通は19日に、最新OS「Windows 8」を搭載した、個人向けパソコン「FMVシリーズ」、防水タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi(アローズタブワイファイ)」、女性向けパソコンの新ブランド「Floral Kiss(フローラルキス)」の9シリーズ19機種を発表している。26日より順次販売開始の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top