カシオ、可変フレームデザインのデジカメ「EX-TR100」を7月22日に発売 | RBB TODAY

カシオ、可変フレームデザインのデジカメ「EX-TR100」を7月22日に発売

IT・デジタル デジカメ

「EX-TR100」のフレーム/液晶の回転イメージ
  • 「EX-TR100」のフレーム/液晶の回転イメージ
  • フリースタイルカメラ「EX-TR100」が発売延期に
  • 「EX-TR100」のブラック(前面/背面)
  • EX-TR100」のホワイト(前面/背面)
 カシオ計算機は4日、可変フレームデザイン採用のコンパクトデジタルカメラ「EX-TR100」の販売開始が22日に決定したことを発表した。価格はオープンで、予想実売価格は35,000円前後。

 「EX-TR100」は同社製コンパクトデジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」の新製品で、2月4日の発表時には4月からの販売開始を予定していた。しかし、部品の調達が困難なため4月11日に発売延期を発表。今回、部品調達の目処が立ったため、販売開始日を発表するに至った。

 「EX-TR100」の大きな特長は、2軸のヒンジを中心に筺体が外側と内側に分離する点。外側はフレーム状となっており、360度で回転させることができる。また、内側も液晶ディスプレイ部分がさらに分離し、1軸のヒンジで270度まで回転させることが可能。可変フレームをスタンド代わりにして立てかけ、ディスプレイの角度を見やすく調整するなど、撮影や画像再生のスタイルが自由に広がる“フリースタイルカメラ”をうたう。

 液晶ディスプレイは3型でタッチパネルを採用し、画面の触れた位置にピントを合わせて撮影できるタッチシャッターに対応。ほかに「HDRアート」機能やフルオート機能「プレミアムオート」、360度のパノラマ画像を撮影できる「スライドパノラマ」、解像度1,920×1,080ピクセルのフルHD動画撮影機能などを備えた。

 有効画素数1,210万画素の裏面照射型CMOSセンサーと広角21mm単焦点レンズを搭載し、撮像素子は1/2.3型裏面照射型高速CMOS、レンズのF値はF2.8、焦点距離はf3.8mm(35mm判換算約21mm)。30fpsのフルHD動画撮影に対応する。本体サイズは幅122×高さ59×奥行き14.9mm、重さは約157g(メモリカード含む)。予想実売価格は35,000円前後。カラーはホワイト、ブラックの2色。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top