外付けHDDの接続で容量増設が可能な500GB HDDレコーダー……地デジ放送に特化 | RBB TODAY

外付けHDDの接続で容量増設が可能な500GB HDDレコーダー……地デジ放送に特化

IT・デジタル レコーダー
「DVR-1C/500G」(500GB)の本体とリモコン
  • 「DVR-1C/500G」(500GB)の本体とリモコン
  • 背面のインターフェース
  • テレビ/アンテナの接続イメージ
  • USB外付けHDDを増設するイメージ
 バッファローは、地デジ放送の視聴/録画/再生で機能を絞ったシンプル操作のHDDレコーダー「DVR-1C/500G」(500GB)を発表した。販売開始は7月中旬。価格はオープンで、同社直販サイト価格は20,800円。

 1月に地デジ対応(BS・110度CSは非対応)のHDDレコーダーで容量が1TBの「DVR-1/1.0T」を販売開始したが、今回は容量が500GBのモデル。最大81時間の地デジ番組録画が可能となる。

 その他は両製品とも同様の特長で、電子番組表から番組を選ぶだけの簡単操作で番組の予約録画が可能。USBポートを装備しておりUSB外付けHDDの増設にも対応し、内蔵HDDと外付けHDDとの間で録画番組を移動することで、ジャンル毎に録画番組を整理して保存するといったことも行なえる。

 テレビへの接続は、フルHD対応のHDMIをはじめ、アナログテレビへの接続が可能なコンポジットの各1系統を搭載する。

 インターフェースはUSB2.0/HDMI/コンポジットなど。本体サイズは幅200×高さ30×奥行き150mm、重さは約560g。付属品はリモコン、コンポジットビデオ/アナログオーディオケーブル (1.5m)、ACアダプタ(1.8m)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top