走行風景撮影や地図アプリが楽しめるなどiPhoneを自転車に取り付けられるキット | RBB TODAY

走行風景撮影や地図アプリが楽しめるなどiPhoneを自転車に取り付けられるキット

IT・デジタル フォトレポート
「PIP-JTK2」の自転車取り付けイメージ(iPhoneは別売)
  • 「PIP-JTK2」の自転車取り付けイメージ(iPhoneは別売)
  • iPhoneをケースに取り付けたイメージの詳細(iPhoneは別売)
  • 側面(iPhoneは別売)
  • パッケージ(iPhoneは別売)
  • iPhoneを装着したケースごとハンドル上で360度回転できるイメージ(iPhoneは別売)
 プリンストンテクノロジーは24日、iPhoneを自転車に取り付けロードムービー撮影や地図アプリによるナビなどに便利なキット「PIP-JTK2」を発表した。販売開始は7月上旬。希望小売価格は4,480円。

 シリコントレーをケースホルダー内に装着してiPhoneをセット。アタッチメントを自転車のハンドルに装着し、ケースホルダーをアタッチメントに取り付ければ利用できる。

 iPhoneの液晶の上にあたるケース部分は特殊なフィルムを使用しており、自転車に取り付けたまま液晶のタッチ操作が可能。ケースを360度回転するため、使用するアプリに合わせて縦横自由に表示を変えられるほか、iPhoneのカメラ機能を使い走行中の風景の動画撮影を行なえるなど、工夫次第で使い勝手が広がるという。また、簡易防滴構造となっており、突然の雨や汗などからiPhoneを守るとしている。

 対応機種はiPhone 4/3GS/3G。ケースホルダーの本体サイズは幅79.5×高さ146.5×奥行き31.4mm、重さは約85g。自転車取り付け用アタッチメントは、対応するハンドルが径約20~40mm、本体サイズが幅27×高さ60×奥行き43mm、重さが約15g。セット内容は自転車取り付け用アタッチメント/ケースホルダー/シリコントレー×2/取り付け工具/固定用ゴムバンド×2など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top