シャープ、大容量BDXL対応Blu-ray搭載/外付けHDD対応の液晶テレビ「LED AQUOS」 | RBB TODAY

シャープ、大容量BDXL対応Blu-ray搭載/外付けHDD対応の液晶テレビ「LED AQUOS」

 シャープは1日、液晶テレビ「LED AQUOS(アクオス)」の新製品として、大容量BDXL対応のBlu-rayを内蔵し、USB外付けHDDへの録画も可能な「R5」シリーズを発表した。販売開始は25日。価格はオープン。

IT・デジタル テレビ
40型「LC-40R5」ブラック系
  • 40型「LC-40R5」ブラック系
  • 32型「LC-32R5」ブラック系
  • 32型「LC-32R5」ホワイト系
  • 32型「LC-32R5」レッド系
  • 26型「LC-26R5」ブラック系
  • 付属のワイヤレスリモコン
 シャープは1日、液晶テレビ「LED AQUOS(アクオス)」の新製品として、大容量BDXL対応のBlu-rayを内蔵し、USB外付けHDDへの録画も可能な「R5」シリーズを発表した。販売開始は25日。価格はオープン。

 40/32/26型の3サイズをラインアップし、予想実売価格は、40型「LC-40R5」が180,000円前後、32型「LC-32R5」が140,000円前後、26型「LC-26R5」が120,000円前後。

 「R5」シリーズは、バックライトにLEDを採用し、光配向技術「UV2A」との組み合わせで応答速度/コントラスト比/省エネ性能を高めたモデル。地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーを搭載する。

 大容量規格のBDXLに準拠したBlu-rayを内蔵し、3層ディスクの1枚に10倍モードで録画した際で最大約87時間の録画が可能。USB外付けHDDにも対応し、同じ時間帯に内蔵Blu-rayとUSB外付けHDDにそれぞれ1番組ずつ録画する2番組同時録画も行なえる。

 USB外付けHDDへの録画番組を高画質のまま内蔵Blu-rayにダビングすることもでき、ディスク容量を節約できる「画質変換ダビング」をはじめ、留守中やテレビを使わない間にダビングを開始できる「ダビング予約」などの便利機能も備えた。

 そのほかの特長として、電子番組表では、選択している放送局表示の横幅を広げたり、録画予約やおすすめ番組をカラフルに表示するなど見やすさを高めた「新 番組表」を採用。視聴中におすすめ番組などの気になる情報を表示する「AQUOSインフォメーション」機能を装備し、離れて暮らす家族などのテレビ使用状況をお知らせする「見守りサービス」の利用が可能。動画配信サービス「YouTube」(Powered by Adobe Flash)に対応する。

 3機種の共通仕様として、コントラスト比は200万:1、視野角は上下/左右各176度、LEDバックライトはエッジ型、インターフェースはHDMI×3/D5/ビデオ/光デジタル音声/USB/LAN/i.LINKなど。付属品はテーブルスタンド(組立て式)/ワイヤレスリモコン/転倒防止用部品(取付済)など。

 40型「LC-40R5」は、液晶解像度が1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応、内蔵スピーカーが10W×2、カラーがブラック系、スタンド含む本体サイズ/重さが幅96.1×高さ64.2×奥行き25.7cm/18.5kg。

 32型「LC-32R5」は、液晶解像度が1,366×768ピクセルのハイビジョンに対応、内蔵スピーカーが5W×2、カラーがブラック系/ホワイト系/レッド系の3色を用意、スタンド含む本体サイズ/重さが幅77.4×高さ52.9×奥行き22.5(転倒防止金具使用時は23.2)cm/13kg。

 26型「LC-26R5」は、液晶解像度/内蔵スピーカーが32型「LC-32R5」と同様、カラーがブラック系、スタンド含む本体サイズ/重さが幅65×高さ45.7×奥行き20.5cm/9.6kg。

 なお、液晶テレビ「AQUOS」は2001年1月の発売以来10年を経て、今年5月に国内累計販売台数3,000万台を達成した。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top