セールスフォースとトヨタ、クルマ向けSNS「トヨタフレンド」構築に向けた戦略的提携 | RBB TODAY

セールスフォースとトヨタ、クルマ向けSNS「トヨタフレンド」構築に向けた戦略的提携

 米セールスフォース・ドットコムとトヨタ自動車は23日、セールスフォースの企業向けSNS「Chatter」をベースに、クルマ向けソーシャルネットワーク「トヨタフレンド」の構築に向け提携することで基本合意した。2012年よりサービスを開始する予定。

エンタープライズ 企業
米セールスフォース・ドットコムとトヨタ自動車の共同会見はUstreamで生中継された
  • 米セールスフォース・ドットコムとトヨタ自動車の共同会見はUstreamで生中継された
  • クルマ向けSNSを2画面でそれぞれに説明
  • 記者会見中の豊田章男社長(Ustreamの中継画面より)
  • マーク・ベニオフCEO(Ustreamの中継画面より)
 米セールスフォース・ドットコムとトヨタ自動車は23日、セールスフォースの企業向けSNS「Chatter」をベースに、クルマ向けソーシャルネットワーク「トヨタフレンド」の構築に向け提携することで基本合意した。2012年よりサービスを開始する予定。

 「トヨタフレンド」は、人とクルマ、販売店、メーカーを繋ぐソーシャルネットワークサービス(SNS)。カーライフに必要なさまざまな商品・サービス情報などをユーザに提供するもので、たとえば、EV(電気自動車)およびPHV(プラグインハイブリッドカー)の電池残量が少ない場合、充電を促す情報をあたかもクルマの「つぶやき」としてユーザに発信するといったことを可能にするという。

 さらに、「トヨタフレンド」ではTwitterやFacebook等の外部のソーシャルネットワークサービスとも連携し、家族や友人とのコミュニケーションツールとしても利用できる。これらの情報はスマートフォンやタブレットPCなど、最新の携帯端末を通して提供されるとのこと。またトヨタはこれまで、独自のテレマティクスサービスを展開しているが、これに今回構築する「トヨタフレンド」も連動させるとしている。「トヨタフレンド」は2012年市販予定のEVおよびPHVでのサービス開始を予定している。

 今回の提携についてトヨタとセールスフォースは、「トヨタフレンド」の構築に始まり、将来は、トヨタのオープンプラットフォーム領域におけるクラウド構築も視野にあるとのこと。長期的にさまざまな分野で、両社の特長を活かしたビジネス創出を図ることにも合意したとしている。

 また、セールスフォースとトヨタは、トヨタの顧客向けIT事業会社であるトヨタメディアサービスの第三者割当増資に呼応。トヨタとの提携を発表したマイクロソフトも含めた3社で、セールスフォースが2億2300万円、マイクロソフトが3億3500万円、トヨタが4億4200万円を出資する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top