パイオニア、毎月地図更新できるPND「エアーナビ」のナビ機能拡充モデル | RBB TODAY

パイオニア、毎月地図更新できるPND「エアーナビ」のナビ機能拡充モデル

 パイオニアは、毎月地図更新できるPND「エアーナビ」の新製品として、ナビ機能を拡充した7型「AVIC-T99」/5.8型「AVIC-T77」/4.8型「AVIC-T55」を発表した。販売開始は5月下旬。価格はオープン。

IT・デジタル その他
7型「AVIC-T99」
  • 7型「AVIC-T99」
  • 5.8型「AVIC-T77」
  • 4.8型「AVIC-T55」
 パイオニアは、毎月地図更新できるPND「エアーナビ」の新製品として、ナビ機能を拡充した7型「AVIC-T99」/5.8型「AVIC-T77」/4.8型「AVIC-T55」を発表した。販売開始は5月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は、7型「AVIC-T99」が60,000円前後、5.8型「AVIC-T77」が50,000円前後、4.8型「AVIC-T55」が45,000円前後。

 「エアーナビ」は、最新の地図情報を毎月更新可能な「マップチャージ機能」を搭載。インターネットに接続したPCでmicroSDカードを使い、最新の地図データを自動で取得できる。また、HSDPA/W-CDMA方式モジュールを利用し、通信で地図情報の更新にも対応する(エアーナビの通信サービスの契約が必要)。

 今回発表の3機種は、従来モデルからナビ機能を拡充。1秒間に5回自車位置を測位する「5Hz測位」などに加えて新開発のアルゴリズムを搭載。これにより、トンネル内や立体交差点、立体駐車場、山岳路などでの自車位置情報の精度を高めたという。

 さらに、過去の渋滞情報の分析結果をもとにした、大型連休や季節、曜日など約30パターンの渋滞予測データを収録。実際の道路事情に即したルートや目的地までの正確な所要時間を表示する。また、「VICSFM多重情報」に加え、同社製「カロッツェリア」のカーナビユーザー同士で渋滞情報を共有する「スマートループ渋滞情報」にも対応。最適な走行ルートを検索するとしている。

 おもな仕様として、付属の吸盤式取り付け金具でディスプレイを取り付け、シガーソケットに電源ケーブルを接続すれば利用可能。ワンセグテレビチューナーを搭載。液晶の解像度は800×480ピクセルでLEDバックライトを装備。径27mmのスピーカーを内蔵した。付属品はバッテリなど。

 本体サイズ/重さは、7型「AVIC-T99」が幅196.5×高さ105.6×奥行き22mm/500g、5.8型「AVIC-T77」が幅178×高さ99×奥行き35.8mm/500g、4.8型「AVIC-T55」が幅154.2×高さ95.1×奥行き25.8mm/315g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top