ソニー、PSNユーザー情報流出で謝罪……一部サービスを無料提供も | RBB TODAY

ソニー、PSNユーザー情報流出で謝罪……一部サービスを無料提供も

ブロードバンド セキュリティ

PlayStation Network
  • PlayStation Network
  • Qriocity
 ソニーとソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は1日、ゲーム配信サービス「PlayStation Network」(PSN)およびビデオ配信サービス「Qriocity」への不正アクセスにより、7,700万人分の個人情報が流出した件で、情報管理体制や今後の対策を発表した。

 PSNおよびQriocityに関しては、近日中の全面再開を目指すとした。サービスは地域ごとに段階的に再開される予定。ソニー 代表執行役 副社長 平井一夫氏は「世界中のPlayStation NetworkおよびQriocityのユーザーの皆様に多大なるご迷惑をおかけしました」とコメントした。

 今後の新たな個人情報管理体制として、ソニー・ネットワーク・エンタテインメント・インターナショナル(SNEI)ではChief Information Security Officer(CISO)職を設置。CISOはソニーのCIO 長谷島眞時氏に関連情報を報告することになるという。

 またユーザーの個人情報の管理・保護を目的とした対策として、「新たな攻撃に対する自動的なソフトウェア監視機能と環境設定項目の管理機能の強化」、「データ保護と暗号化のレベル強化」、「PlayStation Network/Qriocityネットワークへの不明なソフトウェアの侵入、不正アクセス、不審行為の検知能力向上」、「新たなファイアウォールの増設」の4点を導入するとした。

 さらにPSNおよびQriocityの再開にあたり、PS3のシステムソフトウェアのバージョンアップを行う。これに伴い、PSNユーザーのアカウントのパスワード変更が必要になるという。

 PSN、Qriocityユーザーに対する今回の件の補償として、「特定コンテンツの無料ダウンロード」、「定額制サービスパッケージ“PlayStation Plus”の30日間無料加入および現行会員向けに30日間無料提供」、「“Music Unlimited powered by Qriocity”会員向けに30日間無料提供」を提供していく。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top