三菱、「くるっとリモコン」付きBDXL/3D対応Blu-rayレコーダー | RBB TODAY

三菱、「くるっとリモコン」付きBDXL/3D対応Blu-rayレコーダー

IT・デジタル レコーダー

2TB「DVR-BZ450」/1TB「DVR-BZ350」/500GB「DVR-BZ250」
  • 2TB「DVR-BZ450」/1TB「DVR-BZ350」/500GB「DVR-BZ250」
  • 「くるっとリモコン」(左:レコーダー用/右:テレビ用)
 三菱電機は25日、Blu-rayディスクレコーダーREAL ブルーレイ」の新製品として、操作しやすい「くるっとリモコン」付きのBDXL/3D対応モデルを発表した。販売開始は5月31日。価格はオープン。

 内蔵HDDの容量により3機種をラインアップ。それぞれの予想実売価格は、2TB「DVR-BZ450」が130,000円前後、1TB「DVR-BZ350」が95,000円前後、500GB「DVR-BZ250」が80,000円前後。

 3機種はダブルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーを搭載。Blu-rayディスクのBDXL規格に準拠し、3層で100GBのBD-R XLに最大約104時間のフルHD映像を録画可能。また、「アクトビラ」や「TSUTAYA TV」、「BD-LIVE」といったネットワークサービスに対応する。

 3Dに対応しており、3Dテレビと接続することで3D映像の視聴が可能。3D方式は、番組放送がサイドバイサイド方式、パッケージソフトはフレームパッキング方式に対応。フレームパッキング方式のパッケージソフトの3D信号をサイドバイサイド方式やチェッカーボード方式で出力することもでき、フレームパッキング方式に対応していない3Dテレビでも3Dソフトを楽しめるという。

 さらに、片面にレコーダー操作用ボタン、もう片面にテレビ操作用ボタンを配置した両面仕様リモコン「くるっとリモコン」を付属。レコーダーとテレビの操作を1台のリモコンで行なうことができ、国内主要メーカーであれば、他社製テレビの操作にも対応するとしている。

 また、「らく楽モード」の設定により、録画・再生・ダビングなどが簡単に操作可能。テレビとも連動した「高速起動モード」を備えており、「瞬間電源オン」設定で1秒以内に起動できる。ほかに、内蔵HDDからBlu-rayディスクにダビングした番組を再度、内蔵HDDに書き戻す「ムーブバック機能」を搭載。SDカードスロットやUSBポートを装備し、デジタルビデオカメラと接続して撮影映像を内蔵HDDやBlu-ray/記録型DVDディスクに保存できる。

 インターフェースはHDMI/D4/光デジタル音声/LAN/i.LINK/USB/SDカードスロットなど。本体サイズは幅431×高さ56×奥行き282mm、重さは、2TB/1TBモデルが3.8kg、500GBモデルが3.5kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top