NEC、仮想オフィス環境「C&Cクラウド・ワークスタイル」を試作……7月より社内トライアル | RBB TODAY

NEC、仮想オフィス環境「C&Cクラウド・ワークスタイル」を試作……7月より社内トライアル

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「C&Cクラウド・ワークスタイル」システムの概要
  • 「C&Cクラウド・ワークスタイル」システムの概要
 日本電気(NEC)は21日、スマートフォン、タブレット端末、パソコン、複合機、プリンタなどを自分のオフィス内と同様に使用できるクラウドサービス「C&Cクラウド・ワークスタイル(仮称)」の試作システムを開発したことを発表した。

「C&Cクラウド・ワークスタイル」は、社員証などの非接触ICカードをかざすだけの簡単な認証により、クラウド・デスクトップサービスとクラウド・プリンティングサービスを利用できるシステム。すべての業務データやアプリケーションソフトとともに、仮想デスクトップ、認証、プリンタドライバなどプリンタ制御機能がクラウド上のサーバに置かれたものとなっている。利用者は使用する端末の種類を意識することなく、社員証などをかざすだけでほぼ同一の操作画面で書類作成などの作業を行うことができる。印刷情報はクラウド側で保持する仕組みとなっているため、機密文章の作成・加工や印刷を、場所を選ばず安全に行うことができる。スマートフォンやタブレット端末からの印刷指示の後でも、プリンタに併設されるパネルコンピュータから、プレビューや印刷形式・条件の変更などが可能。

 クラウド型認証基盤システム「BitGate」を採用したことにより、IDカードによる確実な利用者認証や端末認証を実現。また、IDカードの読取り装置として、3つの周波数帯(13.56MHz / 952-955MHz/2.4GHz)、6種類の主要なプロトコルすべてに対応した世界初のマルチリーダライタを提供する。通信には3G/WiMAXによる閉域型の高速モバイルネットワークを採用する。

 NECでは、本年7月から、このシステムを用いた社内トライアルを、NEC本社地区および玉川事業場など複数拠点で行う予定だ。また、本システムの仕組みを国内外の端末メーカー、プリンタメーカー、通信事業者、サービス事業者など各社に公開することにより、利用方法を共同で検討し、2011年度中の商用サービス開始を目指す。

 なお、NECでは、今回の試作システムを、5月11日から13日まで、東京ビックサイトにて開催される展示会「クラウド コンピューティングEXPO春」に出展する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top