KDDIの「auひかり」、IPv6割当を開始 | RBB TODAY

KDDIの「auひかり」、IPv6割当を開始

ブロードバンド 回線・サービス

KDDI
  • KDDI
  • IPv4/IPv6デュアルスタック方式イメージ図
 KDDIは18日、光ファイバーサービス「auひかり」の契約者向けに、IPv6アドレスの割り当てを、順次開始すると発表した。

 これにより「auひかり」において、従来のIPv4アドレスに加え、IPv6アドレスでのネット接続も可能(IPv4/IPv6デュアルスタック方式)となる。Windows Vista以降のOSであれば、PCの設定変更は必要ない。Windows XPの場合でも、初期設定ではIPv4のみでの接続となるが、PCの設定変更によりIPv6接続が可能となる。また利用料金に変更はない。

 開始時期は、関東エリア(東京都、神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・山梨県の一部)の「auひかりホーム」、および「auひかりマンション ミニ」が18日から、関東エリア以外の地域の「auひかりホーム」、および「auひかりマンション」が2012年1月以降(予定)を予定している。

 IPv4アドレスの在庫については15日、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)15日、APNIC(Asia Pacific Network Information Centre)における在庫が枯渇したことを発表した。JPNICでは独自のアドレス在庫を保有しておらず、APNICと共有しているため、APNICの在庫枯渇によりJPNICにおいても、IPv4アドレスの通常割り振りを終了した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top