国内ユニファイドコミュニケーション市場、NECがベンダーシェア首位 | RBB TODAY

国内ユニファイドコミュニケーション市場、NECがベンダーシェア首位

エンタープライズ その他

国内ユニファイドコミュニケーション市場 上位3ベンダーによる寡占化状況の推移、2009年~2010年
  • 国内ユニファイドコミュニケーション市場 上位3ベンダーによる寡占化状況の推移、2009年~2010年
 IDC Japanは13日、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)市場ベンダー競合分析の調査結果を発表した。

 「IPテレフォニー」「UCメッセージング」「IPコンファレンスシステム」「IPコンタクトセンターシステム」の4つのソリューション市場で、主要ベンダーのポジショニング/ビジネス動向、各ソリューション市場の寡占化状況などを分析した。

 それによると、2010年下半期の国内UC市場はIPテレフォニーを中心に回復基調に、2010年全体では前年比2.6%増の1,396億2,800万円になったと推定している。なお、ベンダーシェアでは、NECがシェア20.0%を獲得し、2009年に続き首位を保持。次いで、OKIネットワークス(同15.8%)、日立製作所(12.8%)、富士通(10.7%)と続く。

 IPテレフォニー市場では上位3社での売上額が70%を占める。また、IPコンファレンスシステム/IPコンタクトセンターシステム市場では、上位3社の売上額合計が減少する傾向にあり、寡占化が後退。同ソリューション市場では2010年からSaaS提供事業者が数多く出現しており、これらのサービスが自営システム市場を侵食し始めていると分析している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top