ハギワラシスコム、民事再生法の適用を申請へ……負債は約100億円 | RBB TODAY

ハギワラシスコム、民事再生法の適用を申請へ……負債は約100億円

IT・デジタル 周辺機器

帝国データバンクのサイトから
  • 帝国データバンクのサイトから
  • 法人向け製品の企画や開発、販売を幅広く手がけている
 帝国データバンクは31日、大型倒産速報として、ハギワラシスコムが名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請したことを報じた(同日付)。報告によれば、負債は約100億円。

 同社は、1953年に創業、71年に設立された産業用電気機器の卸売業者。ICや半導体の電子デバイス製品などを手がけ、特にフラッシュメモリ製品はその高品質から業容を拡大していた。2006年5月期には、年売上高が約305億6,600万円を計上している。

 近年は、競合激化による販売単価の下落や、コンシューマ向けフラッシュメモリ関連市場の不調に見舞われたため、利益率の面からメーカーへの販売比率を増加させていた。これにより回収期間が長期化したことなどから、資金繰りが悪化。年売上高は08年5月期で267億円、同09年で258億円、同10年で247億円と減少を続けていた。

 本日現在、名古屋本社のほか、東京を始め全国に5つの支店/営業所/研究所/開発センターと、海外拠点としてアメリカの現地法人を有している。従業員の総数は180名。
《》

関連ニュース

特集

page top