レノボ、「ThinkPad X220」ほか新型ビジネスノートを6機種 | RBB TODAY

レノボ、「ThinkPad X220」ほか新型ビジネスノートを6機種

IT・デジタル ノートPC

軽量モバイル「ThinkPad X220」
  • 軽量モバイル「ThinkPad X220」
  • 「ThinkPad X220」
  • 「ThinkPad X220」
  • 「ThinkPad T420」
  • 「ThinkPad T420s」
  • 「ThinkPad T520」
  • 「ThinkPad L520」
  • 「ThinkPad L420」
 レノボ・ジャパンは29日、軽量モバイル「ThinkPad X220」ほか、新型ビジネスノート6機種を発表。同日から販売を開始した。

■重さが1.4kgからの軽量モバイル「ThinkPad X220」

 「ThinkPad X220」は、12.5型液晶(1,366×768ピクセル)を搭載したモバイルノート。HDD/メモリ容量により2ラインアップを用意した。250GB HDD/2GBメモリモデルが195,300円、320GB HDD/4GBメモリモデルが196,350円。

 標準の6セルバッテリで1.46kg、オプションの4セルバッテリで1.4kgとした軽量モデル。標準6セルの場合は最長で8.9時間、オプションの9セルバッテリの場合は最長で15時間、外付けバッテリを用いた場合は最長で23時間の駆動を可能とした。消費電力をパフォーマンスを最適に維持する「Low Power Multimedia」を備え、バッテリ駆動時間を最大で30%延長することが可能となっている。

 そのほか、「Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows 7」機能により、速やかな起動/シャットダウンを実現し、720pのHD対応のwebカメラ/HDモードなどを備え、スムーズなテレビ会議に配慮するなどビジネス利用を支援。ヒンジ開閉機構に強力なマグネットラッチングを採用することで、従来よりさらに堅牢な仕様とした。

 おもな仕様は、CPUがCore i5-2520M(2.5GHz)、OSがWindows 7 Professional 32ビット版、無線LANが802.11a/b/g/nで、Bluetooth 3.0に準拠。インターフェースはUSB2.0×2/ミニD-sub15ピン/DisplayPort/マイク/ヘッドホン/3 in 1カードリーダーなど。そのほか、指紋センサーを搭載した。本体サイズは幅305.0×高さ19~26.6×奥行き206.5mm。

■高性能ノート「ThinkPad Tシリーズ」は3機種

 「ThinkPad Tシリーズ」からは14型の「ThinkPad T420」、14.1型の「ThinkPad T420s」、15.6型の「ThinkPad T520」を発表。「ThinkPad T420s」は、重さが約1.8kgの軽量モデルとなる。

 それぞれ、Sandy Bridge世代のCPUであるCore i5-2520M(2.5GHz)やCore i3-2310M(2.1GHz)などを搭載した高性能ノートで、ThinkPadシリーズのフラッグシップモデルをうたう。モデルにより、Core i7- 2820QM(2.3GHz)や160GB SSD、フルHD対応液晶などを選択可能。標準仕様の価格は129,150円~202,650円。

■エントリーノート「ThinkPad Lシリーズ」は2機種

 直販価格が114,450円~となるエントリーノート「ThinkPad Lシリーズ」は、15.6型の「ThinkPad L520」、14型の「ThinkPad L420」の2機種。それぞれの違いは液晶サイズのみ(解像度はともに1,366×768ピクセル)となる。おもな仕様はCPUがCore i3-2310M(2.1GHz)、OSがWindows 7 Professional 32ビット版、メモリが2GB(最大8GB)、HDDが320GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。CPUのオプションとして、Core i5-2520M(2.5GHz)やCore i7-2620M(2.7GHz)を用意した。無線LANは802.11nに対応する。重さは約2.61kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top