アイオー、大容量「BDXL」対応のポータブルBDドライブを発表 | RBB TODAY

アイオー、大容量「BDXL」対応のポータブルBDドライブを発表

IT・デジタル 周辺機器

「BRP-U6X」
  • 「BRP-U6X」
  • パッケージ
  • レコーダーで録画した映像をPCで観賞するイメージ図
  • デジタルビデオカメラで撮影した映像を書き込みテレビで観賞するイメージ図
 アイ・オー・データ機器は、大容量「BDXL」や3Dに対応したポータブルUSB外付けBlu-rayディスクドライブ「BRP-U6X」を発表した。発売開始は4月上旬、希望小売価格は23,205円。

 同製品は、読み込み/書き込み容量の大きいBlu-rayの新規格「BDXL」に対応。また、添付ソフトの「WinDVD BD3D」を使うことで、DVDなどのSD画質をハイビジョン並みに高画質化するアップスケーリング再生が可能となっている。

 さらに3Dにも対応し、「WinDVD BD3D」によりBlu-ray 3Dの再生が可能。ただし、3D鑑賞にはNVIDIA 3D Vision対応のディスプレイや専用メガネなどが必要となる。また、「2D→3D変換再生機能」を搭載し、BDAV/DVD-Video/DVD-VR/AVCHD/AVCRECのビデオフォーマットの2D映像を立体的に楽しめるとしている。

 電源はUSBバスパワー(駆動しない場合は付属のACアダプタを使用)で、USBケーブルを本体背面に収納できるケーブル収納設計を採用。対応OSはWindows 7(32/64ビット版)/Vista SP1以降(32ビット版)/XP SP3以降で、3D再生はWindows 7のみ。インターフェースはUSB2.0。本体サイズは幅137×高さ20×奥行き154mm(突起部除く)、重さは約620g。付属品はUSBケーブル(約13cm)/ACアダプタなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top