【地震】JAXA、技術試験衛星「きく8号」の通信システムを提供 | RBB TODAY

【地震】JAXA、技術試験衛星「きく8号」の通信システムを提供

ブロードバンド 回線・サービス

大船渡市役所に設置された「きく8号」地上アンテナ
  • 大船渡市役所に設置された「きく8号」地上アンテナ
  • 大船渡市役所に設置された「きく8号」可搬型通信実験用端末
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、東北地方太平洋沖地震の支援策として、岩手県大船渡市にて、技術試験衛星VIII型「きく8号」(ETS-VIII)を用いた人工衛星回線の接続を開始したと発表した。

 JAXAは文部科学省の要請により、大船渡市の市役所に「きく8号」の地上アンテナと可搬型通信実験用端末を設置し、「きく8号」による衛星通信回線を接続。これにより市役所と筑波宇宙センター間にて、最大768Kbpsの衛星通信が可能となり、大船渡市役所の職員がPCを通してインターネットを利用できるようになった。今後市役所や現地消防署などとの情報共有に利用するという。

 また市役所に設置された可搬型通信実験用端末は、小型で持ち運びが可能なため、避難所に設置しネット接続を行うことも可能になる。

 JAXAはこれまでにも、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の可搬型アンテナを、岩手県庁災害対策本部と釜石市の県沿岸広域振興局に設置している。これによりこれらの2地点と筑波宇宙センターの間で、ハイビジョンTV会議、インターネット接続、IP電話、無線LANが利用できるようになった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top