カシオ、スマートフォンと通信できる「G-SHOCK」を年内に発売 | RBB TODAY

カシオ、スマートフォンと通信できる「G-SHOCK」を年内に発売

IT・デジタル その他

「G-SHOCK」の実用性に通信機能をプラス
  • 「G-SHOCK」の実用性に通信機能をプラス
  • 電池寿命は約2年とタフさも健在
 カシオは、「G-SHOCK」の新製品として開発に着手していたBluetooth Low Energy Wireless Technology対応モデルを発表した。2011年中の発売を目指すとしている。

 このモデルは、Bluetoothの新規格「Bluetooth Core Specification Version 4.0」で採用された、省電力で無線通信を可能にする最新技術を搭載。同社は、近々市場へ登場するとされるBluetooth Low Energy対応スマートフォンとの通信をはじめ、スマートフォンを介した腕時計同士のコミュニケーション、Bluetooth Low Energy対応機器とのネットワーク接続も期待できるとしている。

 現在発表されているおもな機能は、スマートフォンとの同期による時刻補正やスマートフォンの着信/メール受信/SMS着信の告知、時計本体のボタン操作や軽く叩くことによるスマートフォン着信音/バイブレーションなどの機能コントロールとなっている。さらに、電池寿命はコイン型電池1個で約2年と、実用性も重視した。

 同社では、この「G-SHOCK」以後もBluetooth Low Energy対応モデルを他ブランドへも展開するとしている。
《》

関連ニュース

特集

page top