【地震】日本HP、SaaS型Webオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」などを無償提供 | RBB TODAY

【地震】日本HP、SaaS型Webオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」などを無償提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

日本HP HP教育サービス 被災地向け復興支援HP Virtual Rooms(HPVR)お申込方法と注意事項
  • 日本HP HP教育サービス 被災地向け復興支援HP Virtual Rooms(HPVR)お申込方法と注意事項
  • 「HP StorageWorks X510 Data Vault」の紹介
 日本ヒューレット・パッカードは22日、被災企業および復興支援企業向けに、SaaS型Webオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」、x86サーバやネットワークストレージ、さらにサーバ監視ソフトウェアを無償提供することを発表した。

 東北地方太平洋沖地震および長野県北部地震 災害救助法の適用地区に、オフィスまたは取引先がある企業および非営利団体、地方自治体、NPO(ボランティアなどの非営利団体)、医療機関、教育機関、他公共機関向けに、SaaS型のWebオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」を10月31日まで無償で提供する。「HP Virtual Rooms」は、SaaS型でオンライン会議システムを提供するサービス。特別な設備を準備することなく、インターネット接続環境とWebブラウザがあれば、オンライン上でのミーティングなどを簡単に開催できる。ビデオ(Webカメラ)、音声(VoIP)に標準対応する他、アプリケーション共有、デスクトップ(全体/特定領域)共有などにも対応する。

 また、サーバー、ネットワークストレージ製品を必要としている被災地域の非営利団体、地方自治体、NPO(ボランティアなどの非営利団体)、医療機関、教育機関、他公共機関向けにx86サーバー「HP ProLiant MicroServer」150台、ネットワークストレージ「HP StorageWorks X510 Data Vault」150台を無償提供する。HP ProLiant MicroServer は、コンパクトなサイズの汎用x86サーバー。高さ26.7cm、幅21cm、奥行き26cmの省スペース筐体で、低消費電力のAMD Athlon II NEO N36Lを採用した。HP StorageWorks X510 Data Vaultは、基本ソフトにMicrosoft Windows Home Server OSを搭載したネットワークストレージ(NAS)製品。 申し込みはHPインフォメーションセンター 専用電話(03-6416-6512)まで。

 さらに、サーバーの監視システムを容易に立ち上げることを必要とされている公共団体や企業向けに、エージェントレス型サーバー監視ソフトウェア「HP SiteScope software」30ライセンスの無償利用を提供する。利用期間は4月1日(申込受付開始)~9月30日(ライセンス終了)。「HP SiteScope software」は、個々の監視対象サーバーにエージェントやソフトウェアをインストールすることなく、監視対象サーバー全体を中央で一元的に監視する環境を提供するソリューション。2011年4月1日により「http://www.hp.com/jp/hpsw-dr-program」にて申込受け付けを開始する。

・日本HP HP教育サービス 被災地向け復興支援HP Virtual Rooms(HPVR)お申込方法と注意事項
 http://h50146.www5.hp.com/services/education/whatshot/hpvr.html
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top