ソフトバンク、Androidスマートフォン「GALAPAGOS 005SH」を25日に発売 | RBB TODAY

ソフトバンク、Androidスマートフォン「GALAPAGOS 005SH」を25日に発売

 ソフトバンクモバイルは23日、Android OS 2.2を搭載したシャープ製スマートフォン「GALAPAGOS 005SH」(以下005SH)を25日に発売すると発表した。

IT・デジタル スマートフォン
GALAPAGOS 005SH「リリーホワイト」
  • GALAPAGOS 005SH「リリーホワイト」
  • GALAPAGOS 005SH「ブラック」
  • GALAPAGOS 005SH「ビビッドピンク」
 ソフトバンクモバイルは23日、Android OS 2.2を搭載したシャープ製スマートフォン「GALAPAGOS 005SH」(以下005SH)を25日に発売すると発表した。

 005SHは、3.8インチの裸眼3Dディスプレイや、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線などの機能を搭載。さらにスライド式のフルキーボードを備えた。カメラ機能には800万画素のCMOSカメラを搭載し、HD動画(1,280×720)撮影にも対応。さらにタッチ操作などを記憶することで、利用頻度の高い機能を優先的に表示する「TapFlow UI」を搭載した。また「mixiソーシャルフォン」に対応したことで、マイミクが発したつぶやき(mixiボイス)を一元的に表示させたり、端末の電話帳とmixiのマイミクリストとの連携が可能になる。

 サイズは高さ約122.8mm×幅約62mm×厚さ15.4mm、重さ約151gとなる。連続通話時間は約340分(W-CDMA網)、約290分(GSM網)。待受時間は約400時間(W-CDMA網)、約320時間(GSM網)。カラーは「リリーホワイト」「ブラック」「ビビッドピンク」の3色が用意される。標準セットには、16GB microSDHCカード(試供品)や、スタンド(試供品)が含まれる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top