リクルート、位置情報ソーシャルサービス「RecoCheck」提供開始 | RBB TODAY

リクルート、位置情報ソーシャルサービス「RecoCheck」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ
「RecoCheck」iPhoneアプリ画面
  • 「RecoCheck」iPhoneアプリ画面
  • 地図上にお勧めはプロット表示される
  • 各地点の詳細や評価も別画面で確認可能
  • RecoCheck(レコチェック)サイト(画像)
 リクルートは2月1日、ロケーションソーシャルサービス「RecoCheck(レコチェック)」を発表した。あわせてサイトをオープンするとともに、iPhoneアプリの提供を開始した。

 「RecoCheck」は、“今いる場所周辺”の“友達のオススメ情報”を提供する位置情報サービス。友達同士で、特定スポットのチェックインやオススメ情報(価格・評価・コメント)を共有できる。利用料金は無料。「Twitter」上でフォローしている人が「RecoCheck」内での友達として認識されるため、「Twitter」のアカウントが必要となる。オススメ情報は、「Twitter」の他、「mixi」「facebook」上にも投稿可能。

 なお、「RecoCheck」開始を記念し、同サービスのTwitter公式アカウント(@RecoCheck)をフォローし、「RecoCheck」でスポットにチェックインしたユーザのなかから、抽選で225名に総額300万円相当の賞品がプレゼントされるキャンペーンも実施される。抽選は毎日行われ、当選は「Twitter」上で発表されるキャンペーンは14日12時まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top