パナソニック、AVCHD対応でGPS/方位計/高度計/気圧計を搭載したタフデジカメ | RBB TODAY

パナソニック、AVCHD対応でGPS/方位計/高度計/気圧計を搭載したタフデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「DMC-FT3」
  • 「DMC-FT3」
  • 各計測機能の詳細
  • 方位計
  • 高度計
  • 気圧計
  • 防水・防塵に適したレンズ周り
  • 操作ボタン
  • GPSによる位置情報の例
 パナソニックは25日、コンパクトデジタルカメラの新製品として「DMC-FT3」を発表。2月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は47,000円前後。

 同製品は、防水12m(IPX8相当)、防塵(IPX6相当)、マイナス10度の耐低温、2m落下試験をクリアした耐衝撃などの性能を備えたタフ仕様のコンパクトモデル。これにより、日常からアウトドアシーンまで幅広く活用できるとした。

 活躍するシーンを想定し、「ビーチ&シュノーケリング」「水中」「雪」「スポーツ」を撮影モードに配置。それぞれの状況に最適なホワイトバランスや露出設定をプリセットしている。また、専用のマリンケース(別売り、「DMW-MCFT3」)を利用することで、水深40mまでの撮影に対応可能。

 新たに GPS 機能を搭載し、アウトドアや旅行先などでの位置情報の取得や記録などに対応。そのほか、方位計や気圧計、高度計、水深計などの各種センサーを新搭載した。 GPS のアルゴリズムの向上を図り、表示を高速化。また、ランドマークやレジャー関連施設の表示は約100万件となっている。

 動画はAVCHD形式でフルHD撮影に対応。加えて、QuickTime Motion JPEGを併用し、好みに応じて切り替えが行なえる。そのほか、「スライド3D撮影機能」を備え、同社のコンパクトカメラで初めて3D静止画撮影を実現した。仕組みは、4秒間に20コマの連写撮影を行ない、本体が3D画像生成に最適な2枚を抽出して作成するというもの。3Dの保存形式はMPO。2D静止画はJPEG。

 おもな仕様は、撮像素子が1/2.33型総画素数1,250万画素CCD、有効画素数は1,210万画素。光学ズームは4.6倍で、焦点距離は35mm判換算で28~128mm、開放F値はF3.3~5.9。液晶ディスプレイは2.7型、内蔵メモリは約19MBで、外部対応メディアはSD/SDHC/SDXC。インターフェースはマイクロHDMI/USB2.0/AV。本体サイズは幅103.5×高さ64×奥行き26.5 mm、重さは約197g(バッテリ、メモリカード含む)。カラーはスプラッシュブルー/プレシャスシルバー/スパーキーレッドの3色。
《小口》

関連ニュース

特集

page top