東芝、LEDレグザのベーシックモデルに40型を追加 | RBB TODAY

東芝、LEDレグザのベーシックモデルに40型を追加

IT・デジタル テレビ

「A2シリーズ」に40型の「40A2」を追加
  • 「A2シリーズ」に40型の「40A2」を追加
  • 「倍速・モーションクリア」
  • 映像処理エンジンの「レグザエンジン」を搭載
  • 超解像技術「レゾリューションプラス4」
 東芝は、LEDバックライトと超解像技術を採用した「LEDレグザ」のベーシックモデル「A2シリーズ」に40型の「40A2」を追加。2月中旬に発売する。予想実売価格は130,000円前後。

 先に発表された22型、19型の小型モデル(こちらは1月下旬発売)に続き、大型モデルを投入。LEDバックライト、画像アップコンバート技術の超解像技術「レゾリューションプラス4」、映像処理エンジンの「レグザエンジン」を搭載。また、毎秒120コマで映像を再現する「倍速・モーションクリア」を採用し、なめらかな高画質化を図っている。

 パネルはVA方式で、1,920×1,080ピクセルのフルHD解像度。地上・BS・110度CSデジタル/地上アナログチューナーを各1基搭載する。ダイナミックコントラスト比は200万:1、実用最大出力は10W×2。インターフェースはHDMI×2/ビデオ/LAN/光デジタル/ヘッドホンなど。スタンドを含む本体サイズは幅95.6×高さ63.7×20.3cm、重さは15.5kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top