米国2010年版「働きがいのある会社ランキング」、グーグル等を抑えてSASが1位に | RBB TODAY

米国2010年版「働きがいのある会社ランキング」、グーグル等を抑えてSASが1位に

 米Great Place to Work Instituteは21日、2011年「THE 100 Best companies to Work for」(働きがいのある会社ベスト100)を経済誌「FORTUNE」を通して発表した。今回で14回目の発表となる。

エンタープライズ 企業
第14回「2011 FORTUNE's 100 Best Companies to Work for」リスト
  • 第14回「2011 FORTUNE's 100 Best Companies to Work for」リスト
  • (参考)2010年 第4回 日本の「働きがいのある会社」リスト
 米Great Place to Work Instituteは21日、2011年「THE 100 Best companies to Work for」(働きがいのある会社ベスト100)を経済誌「FORTUNE」を通して発表した。今回で14回目の発表となる。

 2010年版の1位は、昨年に引き続きITソフトウェア関連の独立系ベンダー「SAS」がトップとなった。2位は、経営コンサルティングファームであるボストンコンサルティンググループ(昨年8位)、3位は、ニューヨーク州の食品スーパー、ウェグマンズフードマーケッツ(昨年3位)、4位は、ネット検索大手グーグル(昨年4位。2007、2008年1位)、5位は、データストレージソリューション企業のネットアップ(昨年7位、2009年1位)だった。
となりました。

■ランキングトップ10位(米国内の従業員数)
1 SAS(5,629名)
2 Boston Consulting Group(1,713名)
3 Wegmans Food Markets(39,255名)
4 Google(非公開)
5 NetApp(5,455名)
6 Zappos.com(1,843名)
7 Camden Property Trust(1,719名)
8 Nugget Market(1,240名)
9 Recreational Equipment (REI) (9,380名)
10 DreamWorks Animation SKG(1,994名)

 なおGreat Place to Work Institute Japanは、日本において2007年より調査、発表を行っており、今年(2011年)で5回目の発表となる。日本における”働きがいのある会社ランキング”は、2月上旬ごろに発表される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top