NTTデータ、SAP基幹業務向けソリューションをクラウド型サービス「INERPIA」として提供 | RBB TODAY

NTTデータ、SAP基幹業務向けソリューションをクラウド型サービス「INERPIA」として提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービス概要図
  • サービス概要図
 NTTデータは26日、SAP Business All-in-Oneソリューションを利用した「INERPIA/イナーピア」SaaSサービスを開発したことを発表した。2011年2月からのサービス提供を開始する。

 「INERPIA/イナーピア」のSaaSサービスは、基幹業務パッケージソフトウェア「SAP ERP」を中核とした、中堅・中小企業向統合ソリューション「SAP Business All-in-One」を、クラウド型サービスで提供するもの。クラウド型のサービスにより、利用企業にとっては、定額の月額費用と一部初期費用を支払うことによりERPが利用可能になる。中堅中小規模の企業の財務、調達、在庫管理、製造、ロジスティクスの各業務の運営を支援する機能のほか、多通貨対応機能をクラウドで先行して提供を開始し、順次テンプレート部分の多言語化、人事、企業サービスから顧客サービス、営業およびマーケティングまでの機能、IFRS対応機能、ビジネスインテリジェンス機能、一部の国の税制対応機能等を提供していく予定。

 NTTデータでは、本サービスの企画にあたって、数百社からのヒアリングを行い、その結果を受けてERPの導入要望の高い中堅・中小企業のニーズに応えるサービスとして、「INERPIA/イナーピア」のSaaSサービスを開発した。サービスの提供にあたっては、NTTデータソルフィスの加工組立型製造業向けSAP Business All-in-Oneテンプレート、NTTデータの環境配慮型のデータセンターである「Green Data Center」、クラウド基盤としてNTTデータのクラウドサービス「BizXaaS」を利用する。

 月額利用料は、1ユーザーライセンスあたり月額税別19,800円(1企業150ユーザーのモデルケース)。初期費用は14,600,000円(1社への導入費用。提供するテンプレートをそのまま利用する場合)。月額利用料には、ライセンス費用、SAPアプリケーション運用・保守、サーバ保守、サーバ機器調達・利用料、データセンター利用料、バージョンアップ費用といったシステムを運用するために必要となるすべてのコストが含まれる。また初期費用には、SAP ERPのクラウド環境構築、データ移行、トレーニング、3か月間のQ&A対応が含まれ、アドオン開発等はオプションでのサービス提供となる。

 顧客企業へのSaaSサービスの開始は2011年2月を予定しており、2010年12月より、NTTデータ、NTTデータソルフィス、そしてSAPジャパンの3社で連携し、企業への営業活動を開始する。また、各種セミナーの開催などの「INERPIA/イナーピア」のSaaSサービスの普及活動も3社で協力して実施していく予定。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top