ヤフー・楽天など6社、迷惑メール対策技術の推進団体「Japan DKIM Working Group」設立 | RBB TODAY

ヤフー・楽天など6社、迷惑メール対策技術の推進団体「Japan DKIM Working Group」設立

エンタープライズ セキュリティ
Japan DKIM Working Groupサイト(画像)
  • Japan DKIM Working Groupサイト(画像)
 インフォマニア、センドメール、ニフティ、パイプドビッツ、ヤフー、楽天の6社は15日、迷惑メール対策のドメイン認証技術「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」の国内における普及を推進する団体を設立した。

 団体名称は「Japan DKIM Working Group(ジャパン・ディーキム・ワーキンググループ)」。現在、迷惑メール対策として、送信者の身元を判別する「ドメイン認証技術」がさまざまに開発されているが、なかでも注目を集めているのが「DKIM(ディーキム)」という技術だ。同技術は、メールアドレスの詐称のみならずメール本体の改ざんも検知できることが特長となっている。その仕様はインターネットの国際的な標準化団体であるIETF(Internet Engineering Task Force)によって、インターネット標準としても定められている。

 「Japan DKIM Working Group」では、今回の設立により、事業者間の連携の強化、DKIMの啓発・普及を押し進め、健全なインターネットの発展に寄与していくとしている。活動内容としては、DKIM導入のリコメンデーションを作成するほか、DKIM導入の事業者への啓発、協力、DKIMの導入実績等の公表などを行う。

 発起人となった6社以外では、イッツ・コミュニケーションズ、NECビッグローブ、シマンテック、ソネットエンタテインメント、フリービット、ユミルリンクなど18社が参加する予定となっている。また協力団体・オブザーバーとして、JPCERTコーディネーションセンター、eビジネス推進連合会、日本データ通信協会、総務省、フィッシング対策協議会が協力する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top