イー・モバイル、国内最速・下り最大42Mbpsのデータ通信サービス「EMOBILE G4」発表 | RBB TODAY

イー・モバイル、国内最速・下り最大42Mbpsのデータ通信サービス「EMOBILE G4」発表

エンタープライズ モバイルBIZ

「EMOBILE G4」ロゴ
  • 「EMOBILE G4」ロゴ
  • 料金プラン移行イメージ
  • 料金プラン月額料金例(税込)
  • 「D41HW」(Huawei製)
 イー・モバイルは28日、データ通信サービス「EMモバイルブロードバンド」において、国際標準規格の「DC-HSDPA」を導入し、国内最速となる下り最大42Mbpsまで高速化したデータ通信サービスを提供することを発表した。

 今回の最高速データ通信サービスの提供にあわせ、同社の高速サービスや先駆的端末においては新ブランド「EMOBILE G4」の呼称で統一される。同ブランドのサービスおよび製品は11月19日より提供開始となる予定。なお同社によれば、下り最大42Mbpsのデータ通信サービスは、商用として提供されている第3世代携帯電話サービスにおいて、国内最速とのこと。

 「EMOBILE G4」ブランドでは、現行の下り最大21Mbpsデータ通信サービス対応プランの料金は据え置きのまま、下り最大42Mbpsデータ通信サービスに対応した料金プランとなる。また第一弾製品として、下り最大42Mbpsデータ通信サービスに対応した端末「D41HW」(Huawei製)が提供される。下り最大42Mbpsデータ通信サービスは、関東、東海、関西、北海道、九州の一部の主要都市から提供を開始し、2011年3月末までに人口カバー率で約40~50%のエリアでの提供を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top