エプソン、Core iシリーズ搭載可能な小型デスクトップ「Endeavor ST150E」 | RBB TODAY

エプソン、Core iシリーズ搭載可能な小型デスクトップ「Endeavor ST150E」

IT・デジタル デスクトップPC

「Endeavor ST150E」
  • 「Endeavor ST150E」
  • 正面
  • 縦置き
  • 「専用一体型キット」(別売)を併用し液晶ディスプレイ(別売)の背面に取り付けたイメージ
 エプソンダイレクトは26日、小型デスクトップPC「Endeavor ST150E」を発表。同社直販サイトおよびコールセンターにて受注を開始した。BTO対応で基本構成価格は64,890円から。

 同製品は、「専用一体型キット」を併用することで液晶ディスプレイの背面に取り付け、省スペースでの利用を可能とするデスクトップPC。2009年10月発売の「Endeavor ST125E」と同等の小型ボディを継承しつつ、重さは従来の約2.2kgから約1.8kgへと約400gの軽量化を図った。また、本体前面にあるUSB2.0の2ポートの間隔を広げることで幅広タイプのコネクタのUSB機器でも干渉することなく接続できるレイアウトにしたという。

 おもなBTOオプションとして、OSはWindows 7のHome Premium 64ビット版/32ビット版、Professional 64ビット版/32ビット版。CPUはCore i7-640M(2.8GHz)/Core i5-560M(2.66GHz)/Core i5-460M(2.53GHz)/Core i3-370M(2.4GHz)/Celeron P4600(2GHz)。メモリは1~8GB、ストレージは160GB~640GB HDD、64GB/160GB SSD。

 光学ドライブはDVD-ROM/DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)/スロットインDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)の搭載に対応。USB外付け無線LANアダプタや外付けマルチカードリーダー・ライターの使用が可能。

 基本構成は、OSがWindows 7 Home Premium 32ビット版、CPUがCeleron P4600(2GHz)、メモリが1GB、ストレージが160GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)。PS/2コンパクトキーボードとホイール付きUSB光学式マウスを付属。

 そのほかの仕様として、有線LANは1000Base-T/100Base-TX/10Base-T、インターフェースはUSB2.0×6/ミニD-sub15ピン/DVI-D/マイク/ヘッドホンなど。本体サイズは幅195×高さ75×奥行き185mm(突起部除く)、重さは約1.8kg。
《加藤》

特集

page top