NECやKDDIなど各社、鹿児島県・奄美地方での豪雨被害への支援を発表 | RBB TODAY

NECやKDDIなど各社、鹿児島県・奄美地方での豪雨被害への支援を発表

エンタープライズ 企業

気象庁「レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)」
  • 気象庁「レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)」
  • 気象庁「レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)」での九州南部の状況
 大雨による被害が、20日より鹿児島県奄美地方で続いている。NEC、ソフトバンクモバイル、KDDI、イー・モバイルなど各社は、今回の豪雨の被災地域に対する支援について発表した。

 NECでは、被害を受けたNECパーソナル商品(パソコン、プリンタ、FAX、ルータなど)を個人で利用しているユーザーに対して、保証期間を問わず修理料金を3割引で対応するなど、特別価格で修理を行う特別保守サービスを開始した。期間は2010年10月20日より2011年6月30日まで。

 ソフトバンクモバイルでは、利用料金支払い期限の1か月延長、携帯電話機の破損や紛失に関する携帯電話機交換費用の一部減免(ソフトバンクショップ奄美にて受付予定)、公的機関やNPO法人などの団体への携帯電話の貸し出しを行う。KDDIでは、利用料金支払い期限の1か月延長、au one net ADSL等の基本料金等の減免、携帯電話修理費用の軽減を行う。イー・モバイルでは、利用料金支払い期限の1か月延長、携帯電話端末・データカード端末の修理費用等の一部減免などに対応する。いずれも、災害救助法適用地区の鹿児島県 奄美市(あまみし)、鹿児島県 大島郡龍郷町(おおしまぐんたつごうちょう)のユーザが対象(2010年10月22日時点)。

 またNTTドコモでは、iモード災害用伝言板サービスの運用を開始した。伝言板にメッセージを登録が可能な地域は鹿児島県、伝言板を使ってメッセージの確認が可能な地域は全国となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top