異例の堀江貴文被告本人出演……「ライブドア事件」の真相に迫る討論会 | RBB TODAY

異例の堀江貴文被告本人出演……「ライブドア事件」の真相に迫る討論会

エンタメ その他

被告本人の口から事件はどう語られるのか。討論会は16日22時からだ
  • 被告本人の口から事件はどう語られるのか。討論会は16日22時からだ
 ニコニコ動画のニコニコ生放送で、10月16日22時より、田原総一朗氏が司会をつとめ、堀江貴文氏らと共に「ライブドア事件」の真相について改めて検証する討論番組「検証・ライブドア事件~ホリエモンの最終弁論~」の生放送を行う。

 2006年1月、東京地検特捜部による六本木ヒルズのライブドア本社への家宅捜索によって幕を開けた、いわゆる「ライブドア事件」。ニッポン放送の敵対的買収、エイチ・エス証券の副社長の「自殺」、粉飾疑惑と上場廃止、メディアの過熱報道、「国策捜査」疑惑、株式市場の混乱と株価の暴落など、政財界、メディアを巻き込んだ事件となった。

 「カネで買えないものはない」の発言で、拝金主義の象徴とされた被告の堀江貴文ライブドア社長(当時)は、1審、2審で懲役2年6ヵ月の実刑判決を受け、2010年10月現在、最高裁に上告中だ。

 まだ公判中の事件について被告が公の場で語るのは異例。あまり知られていない証券取引法や企業の会計基準など、きわめて複雑な法理論の中、何が罪とされたのかを当事者、法曹関係者、ジャーナリストなどを交えて検証する。堀江貴文元社長のほか、ジャーナリスト大鹿靖明氏(AERA)、元検事の郷原信郎氏、会計評論家にして執行猶予中の元公認会計士・細野祐二氏、そして堀江被告の主任弁護人の弘中惇一郎氏らが出演する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top