「Google TV」が米国で16日発売……Wi-Fi内蔵、YouTubeなどプリインストールで$599.99~ | RBB TODAY

「Google TV」が米国で16日発売……Wi-Fi内蔵、YouTubeなどプリインストールで$599.99~

IT・デジタル テレビ

「Sony Internet TV」は$599.99~
  • 「Sony Internet TV」は$599.99~
  • QWERTYキーボードを搭載したRFリモートコントローラーにより、テレビ本体や周辺機器の操作だけでなく、マウスオペレーションやコンテンツ検索、文字入力などを行える
  • 「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player」(NSZ-GT1)は、既存のテレビと接続することで「Sony Internet TV」の機能を利用できる。価格は$399.99。
 Android OSを搭載し、テレビ番組とともにYouTubeやツイッターなどのWebコンテンツを利用でき、Androidアプリのダウンロードも可能な「Google TV」。今年の5月にデモが公開されその様子が明らかにされたが、ソニーは、米国向けに16日(現地時間)より発売すると発表した。今回発売が発表された製品は、テレビ一体型の「Sony Internet TV」とブルーレイディスクプレーヤー内蔵型の「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player」。

 「Sony Internet TV」のラインアップは、24V型「NSX-24GT1」($599.99)、32V型「NSX-32-GT1」($799.99)、40V型「NSX-40GT1」($999.99)、46V型「NSX-46GT1」($1,399.99)の4機種。

 「Sony Internet TV」には、CNBC、Napster、NBA、Netflix、Pandra、ツイッター、YouTubeなどのアプリケーションがプリインストールされている。またテレビ番組の視聴と、Web検索やツイッターなどインターネット上の操作を同時に行えるDual View機能や、お気に入りのコンテンツを登録するブックマーク機能を搭載。2011年初めには、アンドロイドマーケットからのアプリケーションのダウンロードが可能になる予定。

 またIntelのAtomプロセッサーを搭載し、Wi-Fiを内蔵。システムアップデートにより、機器のファームウェアの更新や、新機能の追加などのアップグレードが行われる点も特徴となっている。またQWERTYキーボードを搭載したRFリモートコントローラーにより、テレビ本体や周辺機器の操作だけでなく、マウスオペレーションやコンテンツ検索、文字入力などを行える。

 「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player」(NSZ-GT1)は、既存のテレビと接続することで「Sony Internet TV」の機能を利用できる。こちらは$399.99で提供される。

 予約の受付けは、米国のSony Style及びBest Buyのオンラインストアにて12日(現地時間)より開始される。発売日は16日で、米国Best Buyの各店舗などで順次販売される。ソニーは現在開発者向けプログラムを開始しており、登録を受付け中。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top