東芝、薄型・軽量・長時間駆動の13.3型モバイル「dynabook R730シリーズ」ほか | RBB TODAY

東芝、薄型・軽量・長時間駆動の13.3型モバイル「dynabook R730シリーズ」ほか

IT・デジタル ノートPC

「dynabook R730シリーズ」
  • 「dynabook R730シリーズ」
  • 「dynabook R730シリーズ」
  • 「dynabook N510シリーズ」(リュクスホワイト)
  • 「dynabook N510シリーズ」(アイアンレッド)
  • 「dynabook N510シリーズ」(プレシャスブラック)
 東芝は5日、薄型・軽量・長時間駆動の13.3型モバイル「dynabook R730シリーズ」を発表。22日から順次発売を開始する。価格はオープン。

 同製品は、13.3型HD液晶を搭載した軽量モバイルノート。CPUやストレージ、OSなどの違いにより4モデルのラインアップとした。なお全てのモデルで無線LANはIEEE802.11a/b/g/nに対応し、モバイルWiMAXを標準搭載する。指紋センサーやHDDパスワード機能を備えるほか、Office Home and Business 2010が付属する。

 最上位の「R730/39A」は、予想実売価格が240,000円前後。OSがWindows 7 Professional 32ビット版/64ビット版、CPUがCore i5-560M(2.66GHz)、ストレージが128GB SSD、メモリが4GB(最大8GB)、光学ドライブはDVD±R2層書き込み対応のDVDスーパーマルチ。SSD採用により、最も軽量のモデルとなる。

 全モデル共通のインターフェースはUSB2.0×3(うち1つはeSATA共用)/LAN(1000Base-T/100Base-TX/10Base-T)/HDMIなど。標準バッテリの場合、最大駆動時間は約11時間、同梱される大容量バッテリの場合、最大駆動時間は約16時間。重さは標準バッテリの場合が約1.27kg、大容量バッテリの場合が約1.42kg。本体サイズは幅316×高さ18.3~24.7×奥行き227mm(標準バッテリ時)、幅316×高さ18.3~40.9×奥行き227mm(大容量バッテリ時)。

 続く「R730/38A」は、予想実売価格が210,000円前後。ストレージが500GBのHDDのほかは、「R730/39A」と同仕様。バッテリパックは標準バッテリのみ付属し、標準時の駆動時間は最大約10時間、オプションの大容量バッテリの駆動時間は最大約15時間。本体サイズは「R730/39A」と同じで、重さは標準バッテリの場合が約1.37kg、大容量バッテリの場合が約1.52kg。

 「R730/27A」は、予想実売価格が190,000円前後。上位の2モデルは液晶に「軽量薄型TFTカラー LED液晶」を採用するが、本モデルは「TFTカラー LED液晶」を搭載。またDVDスーパーマルチは2層書き込みには非対応となり、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版/32ビット版となる。

 そのほかの仕様は、駆動時間を含めほぼ「R730/38A」と同じ。最薄部が異なり、本体サイズは幅316×高さ16.8~26.6×奥行き227mm(標準バッテリ時)、幅316×高さ16.8~42.8×奥行き227mm(オプションの大容量バッテリ時)。重さは標準バッテリの場合が約1.49kg、大容量バッテリの場合が約1.64kg。

 「R730/26A」は、予想実売価格が170,000円前後。CPUにCore i3-370M(2.4GHz)、ストレージに320GBのHDDを搭載するほかは、直上の「R730/27A」と同じ仕様となっている。

■WiMAX標準搭載の11.6型ノート「dynabook N510シリーズ」

 同社で「ネットノート」と位置づける11.6型HD液晶の薄型ノート「dynabook N510シリーズ」は、2ラインアップを用意し、ともに超低電圧版CPUを採用。それぞれカラーはリュクスホワイト/アイアンレッド/プレシャスブラックの3色。それぞれ、モバイルWiMAXを標準搭載し、Office Personal 2010が付属する。

 上位の「N510/06A」シリーズは、CPUがCore i3-380UM(1.33GHz)で予想実売価格は110,000円台半ば。下位の「N510/04A」シリーズは、CPUがPentium U5400(1.2GHz)で、予想実売価格は90,000円台半ば。

 そのほかの仕様は共通で、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版/32ビット版、メモリが2GB(最大8GB)、HDDが320GB、有線LANは100Base-TX/10Base-T、無線LANはIEEE802.11a/b/g/n。インターフェースはUSB2.0×3(うち1つはeSATA共用)/HDMI/LANなど。バッテリ駆動時間は約6.4時間、本体サイズは幅284×高さ17.6~26.2×奥行き202.8mm、重さは約1.48kg。おもな付属品として、「N510/06A」シリーズにはUSB接続の横スクロール機能付きレーザーマウスが付属する(「N510/04A」シリーズには付属しない)。
《小口》

関連ニュース

特集

page top