富士通、物流業界向け運行支援システムをクラウドサービスで提供開始……デジタコで情報収集 | RBB TODAY

富士通、物流業界向け運行支援システムをクラウドサービスで提供開始……デジタコで情報収集

 富士通は10日、物流業界向けに、無線通信機能付デジタルタコグラフ(デジタコ)でリアルタイムに収集した車両の運行情報やドライバーの作業情報を、クラウドサービスで管理・分析するソリューション「TRIAS/TR-SaaS」の提供を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
本ソリューションの概要図
  • 本ソリューションの概要図
  • 運行支援ソリューションの利用シーン
 富士通は10日、物流業界向けに、無線通信機能付デジタルタコグラフ(デジタコ)でリアルタイムに収集した車両の運行情報やドライバーの作業情報を、クラウドサービスで管理・分析するソリューション「TRIAS/TR-SaaS」の提供を開始した。

 デジタコは、国土交通省の規格認定を受けた記録計で、「速度」「距離」「時間」だけでなく、GPSレシーバを標準搭載し、作業場所などの正確な位置情報も記録可能。「TRIAS/TR-SaaS」(トライアス ティーアール サース)は、無線通信機能付デジタコと、インターネット経由で活用するSaaS型運行支援システムを連携させたもの。顧客企業は自社で運行管理システムを構築することなく、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで、車両に搭載したデジタコの運行情報分析が行える。本ソリューションで活用する無線通信機能付デジタコ「DTS-C1」は、トランストロンが開発し、情報を管理・分析するSaaSは、富士通九州システムズが開発した。

 SaaS型での利用により、運行分析用のICTシステムに必要なハードウェアや、事業所ごとのソフトウェアのインストールが不要。車両の運行情報やドライバーの作業情報を、無線通信を利用してデジタコから自動的に富士通側データセンターに送信することで、ドライバーの作業効率化およびリアルタイムな運行管理を実現できるという。

 販売価格(税別)は3,200円から/月(無線通信機能付デジタコ1台あたりのサービス利用料)。富士通は、デジタコを含む車載ステーション国内16万台の販売実績をもとに、グローバルで提供を開始している物流業界向けビジネスを積極的に拡大していきたいとしている。2012年度末までに100億円の販売を目指す(無線通信機能付デジタコとSaaS型運行支援システムの販売目標)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top