タカラトミー、プリント写真で立体視する3Dビューアー付きデジカメ | RBB TODAY

タカラトミー、プリント写真で立体視する3Dビューアー付きデジカメ

IT・デジタル デジカメ
ビューアーで立体視するイメージ
  • ビューアーで立体視するイメージ
  • 「3D Shot Cam」ホワイト
  • ピンク
  • 本体とビューアー2枚(プリント写真は参考例)
 タカラトミーは、撮影したプリント写真を専用のレンズ付きビューアーで立体視できる3D対応トイデジカメ「3D Shot Cam(スリーディーショットカム)」を発表。2011年春から発売する。価格は5,980円。

 同製品では、2つのレンズで右目用と左目用の2枚の画像を同時に撮影し、SDカード(最大8GBまで対応/別売)に保存。左右2つの画像がL判サイズで1枚のプリント写真として印刷される。そのプリント写真を専用のレンズ付きビューアーに取り付けて明るい場所でのぞくと、3Dの立体写真として見ることができる。人間の右目と左目では異なる景色を見ているということを利用して、同志社大学との連携企画で誕生した製品となる。

 ビューアーは紙製で、平らにすると縦100×奥行き146mmのポストカードサイズになるため、メッセージを書き込み、撮影したプリント写真ともに贈り物として利用可能。ビューアーは2枚付属しているが、別売で5枚セット(980円)を用意する。

 カメラ本体の仕様として、液晶ディスプレイは搭載しておらず、ビューファインダーで被写体を確認しながら撮影。解像度は30万画素、バッテリは単3形乾電池×3、本体カラーはホワイト/ピンクの2色を用意、本体サイズは幅142×高さ55×奥行き30mm、重さは約100g(バッテリ除く)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top