シャープ、液晶テレビ「LED AQUOS」のBDレコーダー/HDD内蔵モデルなど | RBB TODAY

シャープ、液晶テレビ「LED AQUOS」のBDレコーダー/HDD内蔵モデルなど

IT・デジタル テレビ

「DR」シリーズの40V型ワイド液晶「LC-40DR3」
  • 「DR」シリーズの40V型ワイド液晶「LC-40DR3」
  • 「DR」シリーズの32V型ワイド液晶「LC-32DR3」
  • 「DZ」シリーズの52V型ワイド液晶「LC-52DZ3-S」
  • 「DZ」シリーズの46V型ワイド液晶「LC-46DZ3-S」
  • 「DZ」シリーズの40V型ワイド液晶「LC-40DZ3-S」
  • 「DZ」シリーズの32V型ワイド液晶「LC-32DZ3-S」
  • 「DZ」シリーズの26V型ワイド液晶「LC-26DZ3-S」(シルバー)
  • 「DZ」シリーズの26V型ワイド液晶「LC-26DZ3-R」(レッド)
 シャープは24日、デジタル3波対応液晶テレビAQUOS(アクオス)」の新シリーズとして、LEDバックライト採用でBlu-rayディスクレコーダー/HDD内蔵「DR3」シリーズと、USB外付けHDDへの録画に対応したスタンダードモデル「DZ3」シリーズを発表。9月20日から順次発売する。価格はオープン。

■1台で録画・再生・ダビングできる「LED AQUOS DR3」シリーズ2機種

 同シリーズは、ダブルの地上/BS/110度CSデジタルテレビチューナーを搭載した液晶テレビ。解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応した40V型ワイド液晶「LC-40DR3」と、解像度1,366×768ピクセルのハイビジョンに対応した32V型ワイド液晶「LC-32DR3」の2製品をラインアップ。ともに10月15日から発売する。予想実売価格は、LC-40DR3が250,000円前後、LC-32DR3が180,000円前後。

 両製品はいずれもBlu-rayディスクレコーダー/500GB HDDを内蔵。テレビのリモコンで、簡単にデジタル放送番組の録画・再生・編集が可能なほか、内蔵HDDに録画したテレビ番組をBlu-rayディスクにダビングできる。デジタルダブルチューナーにより裏番組の録画も可能となっている。

 MPEG-4 AVC/H.264のトランスコード機能を搭載しており、8.5倍モード録画時のフルHD画質での録画時間は、500GBの内蔵HDDに最長約380時間、2層(50GB)のBlu-rayディスクに最長約36時間となる。

 そのほかに、光配向技術「UV2A技術」搭載の液晶パネルを装備し、バックライトは直下型のLEDを採用。これにより、コントラストを通常200万:1、Blu-ray/DVDソフト再生時のシネマコントラストを500万:1とした。また、LC-40DR3は、デジタルテレビ専用の高速画像処理LSIを内蔵した「AQUOS高画質マスターエンジン」を搭載。動画を鮮明に見せる「Wクリア倍速」と、LEDバックライトのON/OFFで残像感を低減する「スキャン倍速」の組み合わせにより、映像表現の美しさを高めたという。

 おもな仕様として、視野角は上下/左右各176度、スピーカーは10W×2、インターフェースはHDMI×3/D5×2/S2/ビデオ入力×3/光デジタル音声/USB/LAN/i.LINKなど。付属品はテーブルスタンド(組立式)/リモコン/電源コード(取り付け済)/転倒防止用部品一式(取り付け済)など。

 LC-40DR3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅96.7×高さ66.5×奥行き25.9cm、重さが約18.5kg。LC-32DR3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅77.2×高さ54.9×奥行き22.5cm、重さが約16kg。

■USB外付けHDDへの録画に対応したスタンダードモデル「LED AQUOS DZ3」シリーズ6機種

 同シリーズは、ダブルの地上/BS/110度CSデジタルテレビチューナーを搭載した液晶テレビ。解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応したモデルとして、52V型ワイド液晶「LC-52DZ3-S」/46V型ワイド液晶「LC-46DZ3-S」/40V型ワイド液晶「LC-40DZ3-S」/32V型ワイド液晶「LC-32DZ3-S」の4製品をラインアップ。9月20日から発売する。

 予想実売価格は、LC-52DZ3-Sが350,000円前後、LC-46DZ3-Sが270,000円前後、LC-40DZ3-Sが180,000円前後、LC-32DZ3-Sが150,000円前後。

 解像度1,366×768ピクセルのハイビジョンに対応したモデルとして、26V型ワイド液晶「LC-26DZ3-S/R」/20V型ワイド液晶「LC-20DZ3-S/R」の2製品をラインアップ。10月15日から発売する。本体カラーはシルバー/レッドの2色を用意。予想実売価格は、LC-26DZ3-S/Rが110,000円前後、LC-20DZ3-S/Rが90,000円前後。

 6製品はいずれもUSB接続の外付けHDDに対応しており、外付けHDDをUSBでつなげることで、テレビのリモコンで簡単にデジタル放送の録画・再生が可能。デジタルダブルチューナーにより裏番組の録画も可能となっている。

 また、デジタル放送番組を視聴中にリモコンの録画ボタンを押せばワンタッチで録画がスタートし、番組終了と自動に録画を停止する「番組ぴったり録画」機能を搭載。よく見る番組や番組ジャンルをテレビが学習し、自動的にUSB外付けHDDに録画する「常連録画」機能を備えている。

 そのほかに、「UV2A技術」を搭載の液晶パネルを装備し、バックライトは、LC-52DZ3/LC-46DZ3/LC-40DZ3/LC-32DZ3が直下型のLED、LC-26DZ3/LC-20DZ3がエッジ型をそれぞれ採用。これにより、コントラストを通常200万:1(LC-20DZ3は50万:1)とした。また、LC-52DZ3/LC-46DZ3/LC-40DZ3/LC-32DZ3は「AQUOS高画質マスターエンジン」を搭載。「Wクリア倍速」と「スキャン倍速」の組み合わせにより、映像表現の美しさを高めたという。

 LC-52DZ3/LC-46DZ3/LC-40DZ3/LC-32DZ3のおもな仕様として、視野角は上下/左右各176度、スピーカーは10W×2、インターフェースはHDMI×3/D5×2/S2/ビデオ入力×3/光デジタル音声/USB/LANなど。付属品はテーブルスタンド(組立式/LC-32DZ3は取り付け済)/リモコン/電源コード(取り付け済)/転倒防止用部品一式(取り付け済)など。

 LC-52DZ3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅124×高さ82.2×奥行き30cm、重さが約27.5kg。LC-46DZ3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅110.5×高さ74.4×奥行き30cm、重さが約24kg。LC-40DZ3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅96.7×高さ66.5×奥行き25.9cm、重さが約15.5kg。LC-32DZ3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅77.2×高さ54.9×奥行き22.5cm、重さが約13kg。

 LC-26DZ3/LC-20DZ3のおもな仕様として、視野角は上下/左右各176度、スピーカーは5W×2、インターフェースはHDMI×3/D5/S2/ビデオ入力×2/光デジタル音声/USB/LANなど。付属品はテーブルスタンド(取り付け済)/リモコン/電源コード(取り付け済)/転倒防止用部品一式(取り付け済)など。

 LC-26DZ3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅64.2×高さ46.9×奥行き18.6cm、重さが約8.2kg。LC-20DZ3は、テーブルスタンド装着時の本体サイズが幅49.9×高さ38.3×奥行き17.1cm、重さが約6.4kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top