パナソニック、今後発売の42型以上に3Dを標準搭載――3D VIERA製品発表会 | RBB TODAY

パナソニック、今後発売の42型以上に3Dを標準搭載――3D VIERA製品発表会

 パナソニックは、21日に開催したプラズマテレビ「RTシリーズ」の製品発表会にて、同社の3Dテレビの現在までの販売状況と、今後の展望を語った。3D VIERAは、30日に発売される42型、46型が加わり、42型~65型の6サイズでのラインアップ展開となった。

IT・デジタル テレビ
3D VIERA新製品
  • 3D VIERA新製品
  • パナソニック デジタルAVCマーケティング本部本部長 西口史郎氏
  • 録画テレビのシェア
  • 42V以上を3D対応に
  • 3Dグラスは3種類のサイズを用意
  • 製品発表会には、新イメージキャラクターの滝川クリステルさんが登場
  • 「TH-P42RT2B」(42V型)
 パナソニックは、21日に開催したプラズマテレビ“RTシリーズ”の製品発表会にて、同社の3Dテレビの現在までの販売状況と、今後の展望を語った。3D VIERAは、30日に発売される42型、46型が加わり、42型~65型の6サイズでのラインアップ展開となる。

 登壇したパナソニック デジタルAVCマーケティング本部本部長の西口史郎氏は、国内3Dテレビ市場が2010年度には50万台以上に達すると予測し、その中で同社は占有率50%を目指していくと語った。そのために今後発表する3Dテレビ新モデルは、一部の普及価格帯を除いて42型以上では3Dを標準装備するという。

 また西口氏は2010年をリビングでの3Dテレビ元年と位置付け、今後もラインアップを充実させていく意向を語った。同社の今年4月から6月の販売実績は、3D対応可能な50型以上でみると、3Dの割合が4割に達するという。また2Dモデルのみの販売だった2009年の年末の時点では7%だった65v型~54v型の販売構成比が、3Dテレビ登場後の2010年の夏商戦では39%まで拡大したとし、大画面の臨場感が重要視される3Dテレビの貢献を強調した。さらに録画テレビ市場が急拡大中であるとしており、テレビの総需要における構成比を今年で20%と予測しており、今後も拡大傾向にあるという。今月発売されたR2Bシリーズも、このような流れをにらんでのものだと述べた。

 新製品に合わせてプロモーション活動も一新し、イメージキャラクターとして石川遼さんに加え、滝川クリステルさんを起用した。新CMも現在制作中だという。

 さらに同発表会では、近日中に3D映像の撮影が可能なコンシューマー製品の発表の可能性についても触れられた。

 今回発表されたRT2Bシリーズ2機種の特徴としては、3D対応録画テレビである点や、3D対応の「フル・ブラックパネル」の採用、自動で節電する省エネ機能の「エコナビ」の搭載、Skype通話などが挙げられている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top