ソニーが無料の写真/動画ファイル共有サービスを開始 | RBB TODAY

ソニーが無料の写真/動画ファイル共有サービスを開始

 ソニーは8日、家族や友人と手軽に写真/動画を共有できるサービス「Personal Space」を開始したと発表。利用料は無料。

IT・デジタル その他
「Personal Space」で画像を共有する手順
  • 「Personal Space」で画像を共有する手順
  • 「Personal Space」情報ページ
  • ファイルアップロード画面のイメージ
  • ファイルの閲覧画面のイメージ
 ソニーは8日、家族や友人と手軽に写真/動画を共有できるサービス「Personal Space」を開始したと発表。利用料は無料。

 同サービスは、同社製のデジタルカメラ/デジタルビデオカメラ等に付属する画像管理・編集オリジナルソフトウェア「PMB(Picture Motion Browser)」や「PMBポータブル」を使って撮影した写真/動画ファイルが対象。同サービスの専用サーバへのアップロードとメールの送信で、ファイルの共有化を図る。

 利用方法はまず、共有化したい相手の電子メールアドレスを設定し、操作画面のアップロードボタンをクリック。すると、専用サーバへのファイルのアップロードが自動で実行される。

 アップロードが完了すると共有相手に電子メールで、アップロードの案内が通知される。共有相手はメールを受信したあと、受信メール内のサムネイル画像やリンクをクリックすれば、写真/動画ファイルを閲覧することができる。

 ファイルを電子メールで送受信するような感覚で手軽に、容量を気にすることなく写真/動画の共有が可能。また、画像はすべて専用サーバに蓄積されるため、動画など容量の大きいファイルでも快適に視聴できるという。

 今後はPCだけではなくスマートフォンなどでも閲覧できるようにするほか、同社製の他の機器との連携を図っていく予定。

 「Personal Space」の利用にあたっては、「PMB」/「PMBポータブル」ソフトでバージョン5.2以上のものが必要。また、同ソフトから事前にユーザー登録しなければならない。

 「PMB」は、同社製のカメラ「Bloggie」/「サイバーショット」/「ハンディカム」/「α」と、その周辺機器に同梱されているソフト。PCの「VAIO」にはプレインストールされている。「PMBポータブル」は、「PMB」の簡易版ソフトでカメラ本体に内蔵する。

 なお、「Personal Space」に対応する「PMB」/「PMBポータブル」のバージョン5.2および5.3は、米Facebookの提供するSNS「Facebook」へのアップロードにも対応。また、シェアリンググループとして、招待した家族や友人などと画像を共有したいメンバーを設定すれば、グループ単位で画像を共有することができるという。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top