デル、サーバとストレージの新製品7点を一斉発表 ~ 「Efficient Enterprise」戦略を推進 | RBB TODAY

デル、サーバとストレージの新製品7点を一斉発表 ~ 「Efficient Enterprise」戦略を推進

 デルは8日、従来製品をより小型化、NVIDIA Tesla GPU(Fermiアーキテクチャ)、ioDrive DuoなどのPCIeソリューションに対応するなどしたサーバとストレージの新製品7点を発表した。

エンタープライズ ハードウェア
Dell PowerEdge M710HD
  • Dell PowerEdge M710HD
  • Dell PowerEdge R715
  • Dell PowerVault MD3200
  • Dell PowerVault MD3200i
 デルは8日、従来製品をより小型化、NVIDIA Tesla GPU(Fermiアーキテクチャ)、ioDrive DuoなどのPCIeソリューションに対応するなどしたサーバとストレージの新製品7点を発表した。

 発表されたのはサーバ製品「Dell PowerEdge M710HD」「Dell PowerEdge M610x」「Dell PowerEdge R715」、ストレージ製品「Dell EqualLogic PS6000XVS」「Dell EqualLogic PS6010XVS」「Dell PowerVault MD3200」「Dell PowerVault MD3200i」の7点。

 ブレードサーバ「Dell PowerEdge M710HD」は仮想化にともなう負荷に対応できるよう最適設計されており、フルハイトの「Dell PowerEdge M710」と同等の性能を、ハーフハイトのサイズに収め、高い集積度を実現した。2ソケットのIntel Xeonプロセッサー5600番台を搭載する。ブレードサーバ「Dell PowerEdge M610x」は、NVIDIA社の新しいNVIDIA Tesla GPU(Fermiアーキテクチャ)およびFusion-IO社のフラッシュメモリを用いた高速ストレージioDrive DuoなどのPCIeソリューションを組み込んだ製品。「Dell PowerEdge R715」はAMD Opteron 6100シリーズを搭載した2Uのラック・サーバ。で、24個のコアと大きなメモリ・フットプリントとのバランスを取ることで、優れた価格性能比を達成した。

 ストレージ新製品「Dell EqualLogic PS6000XVS」と「Dell EqualLogic PS6010XVS」には、SASドライブとSSDドライブが1つの筐体に納められており、記録密度とパフォーマンスそれぞれの長所を活用している。最新ファームウェア「EqualLogicファームウェアv5.0」により、1台のアレイ内部で自動的なデータの階層化を可能にした。

 同じくストレージ新製品「Dell PowerVault MD3200」と「Dell PowerVault MD3200i」は、購入しやすい価格と高いパフォーマンスのバランスを求めるSMB(中小規模企業)に最適な製品。「Dell PowerVault MD3200」シリーズのストレージは、従来世代の製品と比較して最大2倍のパフォーマンス、ホスト・サポート、および容量の拡張性を備えているとのこと。「Dell PowerVault MD3200i」は、iSCSIに対応し、中小規模のストレージの統合やサーバ仮想化による統合環境に適した製品となっている。

 最小構成の価格は、Dell PowerEdge M710HDが272,160円~(予定価格)、Dell PowerEdge M610xが292,110円~(予定価格)、Dell PowerEdge R715が527,100円~、Dell EqualLogic PS6000XVSとDell EqualLogic PS6010XVSが未定、Dell PowerVault MD3200が743,400円~、Dell PowerVault MD3200iが835,800円~。なお今回発表のGPUやioDriveなどは最小構成には含まれない。また、「Dell PowerEdge M710HD」および「Dell PowerEdge M610x」の価格には、ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」の価格を含まない。ioDriveのOEM提供は2010年8月中旬から開始予定。Dell PowerEdge R710およびDell PowerEdge R810にも装着可能となり、その後、対象製品は順次拡大される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top