au苦戦、iPhone/iPadがソフトバンク契約数増を加速[TCA・6月まとめ] | RBB TODAY

au苦戦、iPhone/iPadがソフトバンク契約数増を加速[TCA・6月まとめ]

エンタープライズ モバイルBIZ

 電気通信事業者協会(TCA)は7日に、2010年6月末現在における携帯電話・PHSの事業者別契約数を発表した。

 それによれば携帯電話の合計契約数は1億1,371万6,400件(対前月比増0.5%)。事業者別では、NTTドコモが純増164,600(前月113,200)で累計56,514,500件。auグループが純増61,300(前月54,700)で累計32,091,400件。ソフトバンクが純増229,500(前月251,100)で累計22,573,200件。イー・モバイルが純増71,500(前月55,800)で累計2,537,300件。

 PHSはウィルコムが純減60,600(前月94,200)で累計3,882,800件となった。BWA(Broadband Wireless Access)契約数は、UQコミュニケーションズが純増21,300(前月18,900)で213,900件となった。

 ドコモが契約数を伸ばすも、やはり今月もソフトバンクが強く、純増数トップの座は奪還できなかった。またauグループのみ携帯3キャリアのなかで5桁台が続いており、苦しい状況が伺える。PHSの純減については、小休止に入った模様だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top