ビクター、裏面照射型CMOSで光学36倍ズームのデジタルビデオカメラ「GZ-HM350」 | RBB TODAY

ビクター、裏面照射型CMOSで光学36倍ズームのデジタルビデオカメラ「GZ-HM350」

IT・デジタル デジカメ

「GZ-HM350」(チタンシルバー)
  • 「GZ-HM350」(チタンシルバー)
  • 「GZ-HM350」(クリアブラック)
  • 36倍ズームのイメージ
  • 「裏面照射型(B.S.I.)CMOSセンサー」のイメージ
 ビクターは1日、デジタルビデオカメラの新製品として「GZ-HM350」を発表。7月上旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は80,000円前後。

 同製品は、業界最高倍率(家庭用ハイビジョンビデオカメラとして、2010年7月1日同社調べ)となる光学36倍ズームを可能にした「コニカミノルタHDレンズ」を搭載。同レンズは、画質劣化を極力抑えるものとして開発され、高倍率でもハイビジョンならではの高解像度撮影を実現するという。

 高い感度を誇る「裏面照射型(B.S.I.)CMOSセンサー」(1/4.1型総画素数332万画素)を搭載し、暗所でも美しく撮影できるとうたう。また、従来の電子式手ブレ補正に加え、ワイド側撮影時に効果を発揮する「アクティブモード」搭載の電子式手ブレ補正機能を採用。より手ブレを抑えた安定した映像を撮影可能とした。

 本体サイズは幅52×高さ62×奥行き110mm、重さは約260g(バッテリ含む)のコンパクトボディ。フラッシュメモリは32GBを内蔵し、動画・音声記録方式はMPEG-4 AVC/H.264(AVCHD規格準拠)、静止画記録方式はJPEGを採用した。外部対応メディアはSD/SDHCカードで、内蔵メモリがフルになった場合にメディアへ自動的に移行する「自動メディア切替」機能を備えた。

 F値は動画・静止画ともにF1.8~F5.8、焦点距離は動画・静止画ともにf=3~108mm。液晶ディスプレイは2.7型、インターフェースはmini USB、HDMI、コンポーネント、AV。なお、別売りの外付けBlu-rayディスクドライブと接続して、直接Blu-rayディスク保存が可能となっている。カラーはチタンシルバー/クリアブラックの2色。
《小口》

関連ニュース

特集

page top