アキバの新名所になるか? 4Kで国内最密画質の「秋葉原UDXビジョン」登場 | RBB TODAY

アキバの新名所になるか? 4Kで国内最密画質の「秋葉原UDXビジョン」登場

IT・デジタル ハードウェア

「秋葉原UDXビジョン」外観
  • 「秋葉原UDXビジョン」外観
  • 「秋葉原UDXビジョン」外観
  • 「秋葉原UDXビジョン」設置場所
  • 「秋葉原UDXビジョン」の将来的な展開
 “デジタルやITの街”というイメージもあり、街頭ビジョンやデジタルサイネージが、盛んに活用されている秋葉原。6月1日より、また新たな屋外大型ビジョンが登場する。NTTアドが「秋葉原UDX」(東京都千代田区外神田四丁目14-1)壁面に設置する、「秋葉原UDXビジョン」だ。

 「秋葉原UDXビジョン」は、LED発光画素を6mm間隔で実装。4K/2K映像再生にも対応する、高細密フルハイビジョンの屋外大型サイネージだ。街頭ビジョンとしては、日本最密の高画質だという。画面サイズは横11.90メートル×縦6.91メートルで、542インチになる巨大さだ。

 屋外大型サイネージとして、4Kは先進的な取組み。参考動画からもわかるが、542インチの大画面で4K対応画面が動くのは、相当の迫力がありそうだ。今後の活用シーンとしては、各自治体・企業の広告放映のほか、ニュースや天気予報、各地域の風景なども発信するとのこと。パブリック・ビューイング、若手クリエーターや先端的なアーティストによるデジタルコンテンツ・CG作品等の発表の場としても活用予定だ。

 また将来的には、訪日外国人旅行者に向け、日本各地の地方創生イベントや四季の風景・グルメなどの旬の情報発信を、ライブ中継も含め順次実施。観光アプリ「Japan Travel Guide」とを連動させ、多言語で理解可能にすることを目指す。



《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top