女性4人のうち3人が化粧愛用品に不安~女性の肌に関するアンケートで判明 | RBB TODAY

女性4人のうち3人が化粧愛用品に不安~女性の肌に関するアンケートで判明

エンタメ 調査

使用中の基礎化粧品などについての調査結果
  • 使用中の基礎化粧品などについての調査結果
  • 化粧品も生産者や生産現場が見えると安心するとの結果に
  • 女性の肌で気になるのは「シミ」「シワ」に加え、毛穴関連も多い
 メディアインタラクティブが「女性の肌に関するアンケート調査」を全国25~39歳の男女300名(各150名)を対象に実施。女性4人のうち約3人が愛用品に不安を感じていることなどがわかった。

 女性150名に聞いた、現在使用中のスキンケアや基礎化粧品(洗顔料・クレンジング・化粧水・美容液等)に関しての調査では、「使用している化粧品は、人工的に作られた成分が入っているので、肌本来の機能を壊しているのではないかとやや疑っている」が68.0%、逆に「使用している化粧品は、自然由来のものなので、肌本来の機能を高めていると確信している」は32%に留まった。成分についても、「成分をあまり理解していないので、少し不安である」という人も76.7%おり、「成分を理解しているので、安心している」は23.3%と女性4人のうち約3人が愛用品に不安を感じているようだ。

 最近は農産物の生産者表示が始まっているが、「化粧品も生産者や生産現場が見えると安心できるか」との質問では、「非常にそう思う」26.0%、「そう思う」63.3%と約9割がそう思うと回答。化粧品にも安全性を求める女性が増えていることがわかった。

 男女300人に「女性の顔を見る際、肌のどの部分が気になるか」(複数回答)と聞くと、1位は「シミ」67.3%、2位「シワ」61.7%、3位「ニキビ」59.7%、4位「化粧のり」47.3%という順に。毛穴関係の回答も多く、「毛穴の汚れ」38.0%、「毛穴の開き」35.3%、「毛穴のたるみ」24.3%で上位に入っている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top