日立、ミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ」を機能強化 | RBB TODAY

日立、ミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ」を機能強化

エンタープライズ ハードウェア

Hitachi Adaptable Modular Storage 2500
  • Hitachi Adaptable Modular Storage 2500
  • 製品の価格・出荷時期(国内)
 日立製作所は23日、ミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ」(AMS2000シリーズ)に、ボリューム容量仮想化機能の標準搭載や増設ディスクアレイ筐体の対応ディスク拡充など機能強化を施したモデルの販売を開始した。

 具体的には、「AMS2000シリーズ」の最上位モデル「AMS2500」をはじめ3機種に、従来オプション機能であったディスクアレイの容量使用効率を最大化できるボリューム容量仮想化機能「Hitachi Dynamic Provisioning」を標準搭載するとともに、通常の「増設筐体」に比べ約2倍以上の密度で増設できる高さ4U(約178mm)の「高密度拡張筐体」に、高信頼で、データの高速アクセスが可能なSASハードディスクドライブが搭載できるようになった。中位モデル「AMS2300」や「AMS2100」では、8Gbpsの高速ファイバチャンネルホストインターフェイスの物理ポート数を従来と比べ2倍に拡張。高価なファイバチャンネルスイッチを経由せず、より多くのサーバと直接接続できるため、導入コストを低減したシステム統合を実現できる見込みだ。

 また同時に日立は、日本オラクルとの共同検証のもと、「AMS2000シリーズ」と日本オラクルの「Oracle Database 11g Release 2」を用い、更新データのみのバックアップを行う「高速増分バックアップ」と格納データ全体のバックアップを行う「高速フルバックアップ」を併用した効率的なバックアップシステムを提供する。異なるバックアップ方式を併用する際の複雑なシステム設計を軽減できるとのこと。「AMS2000シリーズ」の「ShadowImage in-system replication機能」と「Oracle Database 11g R2」のストレージ管理ツールである「Automatic Storage Management」のリネーム機能を連携させることで、複雑なスクリプトの作成やシステム設計を軽減し、「高速増分バックアップ」と「高速フルバックアップ」を併用したバックアップシステムの構築を可能とした。Hitachi Adaptable Modular Storage 2500の価格は1,033万5,150円~。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top