携帯電話の“複数台持ち”、会社員は4割弱、学生・主婦でも4分の1近くが2台以上所有 ~ MMD研調べ | RBB TODAY

携帯電話の“複数台持ち”、会社員は4割弱、学生・主婦でも4分の1近くが2台以上所有 ~ MMD研調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

スマートフォンを含む携帯電話の所有台数
  • スマートフォンを含む携帯電話の所有台数
  • 複数台所有していることによる不便さはないか
 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は17日、「携帯電話・スマートフォンの複数台持ちに関する実態調査」の結果を発表した。会社員の37.4%、学生・主婦などは24.5%が2台以上の端末を所有しているという。

 調査期間は6月4日~2010年6月9日(6日間)で有効回答は1,866人。「複数台持ち」については、回答者全体で約3割、職業別に見ると会社員では37.4%、学生、主婦などその他の属性では24.5%が2台以上の端末を所有していると回答した。

 また、携帯電話を複数台所有しているユーザーに対し、複数台所有していることによる不便さはないか調査したところ、6割以上が「不便さはない」と回答する一方で、不要な端末を解約したい、整理したいという意向も2割前後見られた。

 さらに、仮に携帯電話を1台に絞る場合は、スマートフォン、キャリア携帯のいずれを残すかという質問に対しては、会社員、学生や主婦などのその他の属性ともに「スマートフォンを残す」という回答が僅差ながら多いという結果が得られたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top