宗教への冒涜!? 海外で論議を呼んだレディー・ガガの問題作PVが到着 | RBB TODAY

宗教への冒涜!? 海外で論議を呼んだレディー・ガガの問題作PVが到着

 3枚のアルバムの国内セールスが好調のレディー・ガガの最新曲「アレハンドロ」のビデオクリップが到着。彼女のオフィシャルサイトで公開されている。海外では議論を呼んだ問題作だ。

エンタメ 音楽
レディー・ガガ「アレハンドロ」の論議を呼んだ問題のシーン
  • レディー・ガガ「アレハンドロ」の論議を呼んだ問題のシーン
  • レディー・ガガ
 3枚のアルバムの国内セールスが1年がなんと100万枚を突破したレディー・ガガの最新曲「アレハンドロ」のビデオクリップが到着。ユニバーサルインターナショナル内のレディー・ガガオフィシャルサイトで公開されている。

 ファーストアルバム「ザ・フェイム」、セカンドアルバム「ザ・モンスター」、リミックスアルバム「ザ・リミックス」のトータルセールスが日本国内で100万枚を突破とヒット中のレディー・ガガ。そんな彼女の最新ビデオクリップ「アレハンドロ」は、YouTubeではわずか2日間で1,100万回以上と驚異的な再生回数を記録した。尼僧の衣装、及びロザリオを食べるシーンなどがあり、“問題作”として海外では話題になったクリップだ。

 監督を務めたのは、マドンナの写真などを手がけた写真家のスティーブン・クライン。ダンスシーンはミュージカル「キャバレー」へのオマージュ、問題のシーンに関しては「あれは宗教への冒涜ではなく、自らの内に“聖なるもの”を取り込むという象徴」と説明している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top