ヴイエムウェアとノベル、SUSE Linux Enterprise Serverを仮想アプライアンス向け標準OSに指定 | RBB TODAY

ヴイエムウェアとノベル、SUSE Linux Enterprise Serverを仮想アプライアンス向け標準OSに指定

エンタープライズ 企業

 ヴイエムウェアとノベルは米国時間9日、OEM契約により戦略的パートナシップを拡張し、ヴイエムウェアがSUSE Linux Enterprise Server OSを配布およびサポートすると発表した。

 この契約によりヴイエムウェアは、仮想アプライアンスベースの製品群をノベルのSUSE Linux Enterprise Server上で標準化していくとのこと。「仮想アプライアンス」とは、オペレーティングシステムとアプリケーションが一体でパッケージ化されている構成済み仮想マシンのことだ。ヴイエムウェアとノベルは、今回の協業を通して顧客企業がクラウド間のSUSE Linuxベースのワークロードのポートができるようサポートする。

 SUSE Linux Enterprise Server for VMwareをVMware vSphere仮想マシン上での展開を予定している企業は、仮想化プラットフォーム「VMware vSphere」向けのサポートおよびサブスクリプションの一部として、パッチおよびアップデートを含んだSUSE Linux Enterprise Serverのサブスクリプションを受け取ることが可能となる。ヴイエムウェアによって直接提供されるSUSE Linux Enterprise Serverのテクニカルサポートを顧客が購入可能となったため、ヴイエムウェアおよびヴイエムウェアのリセラネットワークは、シームレスなサポート環境を提供できる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top