「自分の子どもに入社してほしい企業」ランキングでグーグルが上位に | RBB TODAY

「自分の子どもに入社してほしい企業」ランキングでグーグルが上位に

IT・デジタル その他

息子に入社してほしい企業トップ15(複数回答あり)
  • 息子に入社してほしい企業トップ15(複数回答あり)
  • その企業を選んだ理由(男子)
  • 娘に入社してほしい企業(複数回答あり)
  • その企業を選んだ理由(女子)
 日経HRは4日、「息子、娘に入社してほしい企業ランキング」の調査結果を発表。世相を反映して地方公務員を望む声が多い一方で、グーグルが上位に入るなど健闘している。

 同調査は、「今年、自分の子どもが就職活動をする」と仮定して、転職情報サイト「日経キャリアNET」の会員を対象に5月7日~14日の間で行なったもの。20歳代~50歳代の計750人から回答を得て集計した。回答には複数回答も含まれる。

 息子(男子)の総合ランキングでは1位が三菱商事、2位が地方公務員、3位がトヨタ自動車、娘(女子)の総合ランキングでは1位が資生堂、2位が地方公務員、3位が全日本空輸(ANA)。男女ともに、安定性の高い地方公務員が2位を獲得した。

 以下、家電・技術系/IT系/通信系企業にフォーカスして紹介しよう。男女ともに、家電大手のパナソニック(男子は4位/女子は6位)、ソニー(男子は5位/女子は8位)が総合10位以内にランクイン。

 なかでも大健闘したのがグーグル。男子では総合6位、女子では総合8位に入る人気ぶりを見せた。男子の場合、年代別に見てみると20歳代の親では3位にランクインしており、親の世代が若いほどグーグルに対して高い評価を下しているようだ。

 そのほか、男子では総合11位に楽天、総合13位にNTT、総合14位にソフトバンク、東芝、日立製作所(同率)、総合15位にキヤノン、日本IBM(同率)が入った。女子では総合13位にNTT、総合14位に日本IBM、総合15位に東芝、日立製作所(同率)がランクインしている。なお女子の場合、会社更生手続き中の日本航空(JAL)が総合15位に名を連ねた。
《小口》

関連ニュース

特集

page top