パナソニック、手ブレに強い軽量・コンパクトなビデオカメラ「HDC-TM35」 | RBB TODAY

パナソニック、手ブレに強い軽量・コンパクトなビデオカメラ「HDC-TM35」

IT・デジタル デジカメ

「HDC-TM35」
  • 「HDC-TM35」
  • ハイブリッド手ブレ補正のイメージ
 パナソニックは、デジタルビデオカメラの新製品として「HDC-TM35」を発表。7月1日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は75,000円前後。

 同製品は、内蔵メモリが32GB。本体サイズが幅51.5×高さ57.5×奥行き107.5mm、重さが約185g(バッテリを除く)のコンパクトサイズとした。動画撮影はフルHDに対応し、保存形式はMPEG-4/ AVC/H.264(AVCHD)となる。同社では、1080i方式AVCHD民生用ハイビジョンデジタルビデオカメラとして、世界最軽量をうたう(3日現在)。

 凹凸の少ないラウンドフォルムを採用し、グリップベルトやグリップ部のデザインなどにもこだわり、女性の小さな手でもしっかりホールドできるように配慮。カラーはピュアホワイト/クラシックゴールド/シャイニーグレー/モードバイオレットの4色をそろえた。

 「ハイブリッド手ブレ補正」では、4軸方向の手ブレ補正を初めて実現し、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正との組み合わせにより、歩き撮りやズーム時の手ブレを効果的に抑制。また、「手振れロック」は液晶画面にボタンを配置し、より強力に手ブレを抑えるという。「風音キャンセラー」も搭載され、風のある場所での風雑音の大幅なカットを可能にした。

 映像エンジンには「HDクリスタルエンジン・プロ」を搭載し、超解像技術を採用。iAズームは最大23倍まで対応するが、最大倍率まで上げてもハイビジョン画質を保つことが可能だという。そのほか、顔のみならず色でも追尾する「追っかけフォーカス」機能、5つのシーンを自動認識して容易にキレイな写真が撮影可能な「おまかせiA」なども搭載した。

 外部メディアはSD/SDHC/SDXCカードに対応し、内蔵メモリがフルになった場合は保存先を自動的に外部メディアに変換する「リレー記録」に対応した。写真撮影モードの場合、静止画は290万画素(保存形式はJPEG)となり、動画撮影中にも210万画素の静止画を切り出すことが可能だ。

 液晶ディスプレイは2.7型。ズームはiAズームが23倍、デジタルズームが50倍/200倍。インターフェースはUSB2.0/HDMI/AV/D3など。バッテリを含む重さは約227g。
《小口》

関連ニュース

特集

page top