シャープ、4原色技術を採用した液晶テレビ「AQUOS クアトロン」2シリーズ6製品 | RBB TODAY

シャープ、4原色技術を採用した液晶テレビ「AQUOS クアトロン」2シリーズ6製品

IT・デジタル テレビ

高い人気を誇る「AQUOS」(シャープ製。写真は4原色技術「クアトロン」採用の60V型「LC-60LX3」)
  • 高い人気を誇る「AQUOS」(シャープ製。写真は4原色技術「クアトロン」採用の60V型「LC-60LX3」)
  • 52V型「LC-52LX3」
  • 46V型「LC-46LX3」
  • 40V型「LC-40LX3」
  • 52V型「LC-52XF3」
  • 46V型「LC-46XF3」
  • XFシリーズのフルフラットデザインのイメージ
 シャープは31日、液晶テレビAQUOS」の新製品で、4原色技術「クアトロン」を採用した「AQUOS クアトロン」として「LX」/「XF」の2シリーズ計6製品を発表した。LXシリーズは7月20日、XFシリーズは7月1日から発売する。価格はオープン。

 液晶サイズのラインアップと予想実売価格は次のとおり。LXシリーズは60V型「LC-60LX3」が550,000円前後、52V型「LC-52LX3」が400,000円前後、46V型「LC-46LX3」が320,000円前後、40V型「LC-40LX3」が230,000円前後。XFシリーズは、52V型「LC-52XF3」が370,000円前後、46V型「LC-46XF3」が290,000円前後。

 両シリーズは、同日発表された3D対応「LV」シリーズと同様、4原色技術のクアトロンを採用した2Dの液晶テレビ。テレビ用液晶パネル技術「UV2A(ユーブイツーエー)」をベースとし、「赤・緑・青」の3原色に「黄色」を追加。従来の3原色では表現が難しかった黄色や金色、エメラルドグリーンなどを色鮮やかに再現し、高品位な映像表現を可能にするという。

 LVシリーズと同じくLXシリーズは「フルハイプラス」エンジンを搭載。従来の3原色表示と比べ約1.3倍となる約829万個のサブピクセルを組み合わせて表示することで、フルHDの映像にきめ細かさと滑らかさを図った。また、映像と音が一体化する 8スピーカーシステム「ARSS」と、低振動ウーハー「Duo Bass」を搭載する。

 XFシリーズは、エッジ式のLEDバックライトを採用。最薄部を3.9cmとし、画面とフレームの間の凹凸をなくしたフルフラットのスタイリッシュなデザインが特徴となる。

 おもな仕様として、LXシリーズは、地上アナログテレビチューナーと、ダブルの地上/BS/110度CSデジタルテレビチューナーを搭載。バックライトはLED。解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHD。コントラスト比は500万:1。視野角は上下/左右各176度。スピーカーは7.5W×2+15W。インターフェースは、HDMI×3/D5×2/S2/USB/ミニD-sub15ピン/LAN/ヘッドホンなど。付属品はテーブルスタンド/リモコン/転倒防止用部品一式など。

 テーブルスタンド装着時の本体サイズと重さは、60V型「LC-60LX3」が幅145.7×高さ95.1×奥行き34.6cm、約47kg。52V型「LC-52LX3」が幅125.7×高さ83.2×奥行き28.8cm、約30.5kg。46V型「LC-46LX3」が幅112.1×高さ75.6×奥行き26cm、約25.5kg。40V型「LC-40LX3」が幅98.5×高さ67.9×奥行き24cm、約18.5kg。

 XFシリーズは、地上アナログテレビチューナーと、シングルの地上/BS/110度CSデジタルテレビチューナーを搭載。解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHD。コントラスト比は500万:1。視野角は上下/左右各176度。スピーカーは7.5W×2+15W。インターフェースは、HDMI×3/D5/USB/ミニD-sub15ピン/LAN/ヘッドホンなど。付属品はテーブルスタンド/リモコン/映像・音声中継コード/転倒防止用部品一式など。

 テーブルスタンド装着時の本体サイズと重さは、52V型「LC-52XF3」が幅126×高さ86.2×奥行き34cm、約36kg。46V型「LC-46Xf3」が幅112.7×高さ78.5×奥行き34cm、約30kg。

 なお、同社では今後、3D/2Dともに4原色技術を採用した液晶テレビ「AQUOS クアトロン」を展開していく予定。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top