シャープ、Blu-ray内蔵型の省電力テレビ「LED AQUOS DXシリーズ」 | RBB TODAY

シャープ、Blu-ray内蔵型の省電力テレビ「LED AQUOS DXシリーズ」

 シャープは20日、Blu-rayディスクレコーダーを内蔵したLEDバックライト搭載の液晶テレビ「LED AQUOS DXシリーズ」を発表。5月20日から順次発売する。

IT・デジタル テレビ
「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
  • 「LED AQUOS DXシリーズ」
 シャープは20日、Blu-rayディスクレコーダーを内蔵した LEDバックライト搭載の液晶テレビ「LED AQUOS DXシリーズ」を発表。5月20日から順次発売する。

 今回発売されるのは、52V型「LC-52DX3」、46V型「LC-46DX3」、40V型「LC-40DX3」、32V型「LC-32DX3 」、26V型「LC-26DV7」。ただし、最小サイズの26V型のみLEDバックライトは非搭載(蛍光管)となる。

 52V型/46V型はブラック系のみ、40V型/32V型/26V型はブラック系/ホワイト系/レッド系の3色展開。液晶解像度は52V型/46V型/40V型がフルHD(1,920×1,080ピクセル)、32V型/26V型がハイビジョン(1,366×768ピクセル)となる。予想実売価格は52V型が400,000円前後、46V型が330,000円前後、40V型が230,000円前後、32V型が160,000円前後、26V型が140,000円前後。

 全機種でBlu-rayの録画・再生が可能なBlu-rayディスクレコーダーを内蔵。2層(50GB)のBlu-rayディスクの場合、長時間8.5倍モードを用いて1枚にフルHDのまま最大約36時間の録画を可能としている。再生機能では、ディスクを挿入するだけで再生を開始する「一発再生」といった機能を装備した。

 「UV2A技術」を採用した液晶パネルにより、光の利用効率を大幅に向上し、高いコントラスト比を実現したという。シネマコントラストモードの際には、500万:1のコントラスト比とし、Blu-rayやDVDディスクの再生時に、より黒が締まった映像を表現。また、LEDバックライトの採用により、業界随一の省エネ性能(同社従来機比較で年間消費電力量を約30%以上削減)を実現したとうたう。

 フルHDモデルの52V型/46V型/40V型には、高速画像処理LSIを内蔵した「AQUOS高画質マスターエンジン」を搭載。全機種で映像信号のコントラストや色を調整し、ノイズ成分を低減する「アクティブコンディショナー」を採用し、画質性能の向上を図った。また、自動の最適画質・音質調整機能「好画質センサー」も備えた。

 DNLA/DTCP-IPの動画/静止画/音楽データの再生に対応し、ホームネットワーク機能を強化。別室の「AQUOSブルーレイ」のHDDに録画した番組や、DNLA対応機器内の保存データなどを本製品で再生することが可能。また、HDMIケーブル接続により、同社周辺機器と簡単連動が可能な「AQUOSファミリンクII」にも対応した。

 そのほか、webサービス機能の充実も図られ、「Yahoo! JAPAN for AQUOS (動画チャンネル含む)」、「DoTVデジ×マガ」、「アクトビラ ビデオ・フル」などに対応。「ひかりTV」は対応チューナーなしでも視聴可能としている。

 全機種ともに地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送に対応。おもな共通インターフェースはHDMI×3(32V/26V型は×2)/D5/S2映像/ミニD-sub15ピン/ヘッドホン/USB/B-LIVE専用LAN/LAN(100BASE-TX/10BASE-T)など。

 スタンドを含む本体サイズ、重さは52V型が幅126.8×高さ83×奥行き28.7cm、約30kg、46V型が幅113×高さ75.1×奥行き28.7cm、約26kg、40V型が幅99×高さ67.7×奥行き24.7cm、約21kg、32V型が幅79.1×高さ56×奥行き24.7cm、約17kg、26V型が幅67.6×高さ49.4×奥行き22.8cm、約13.5kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top